Picks
16フォロー
25124フォロワー
「日本人は貧乏になった」その残酷な事実に気付かない人が多すぎる - 「外国人技能実習生」に頼る日本社会
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
唐鎌 大輔株式会社みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト
以下のような原体験から「もはや日本は先進国ではない」と大きな結論を持ってきているようですが、アメリカでラーメンや鮨のような日本食を食べればコストが高くなるのは80年代も今も変わらないと思います。そういう生産要素の齟齬を生まないためにビッグマックやスタバやiPadを使うわけです(もちろんその上で日本が貧しくなったという結論はありうるとして)。 あと内外価格差(日本の物価は下がり続けた)に触れていますが、その場合、理論的には円高ドル安が進み、現地財の円建て換算価格は安くなりますし、歴史的には実際そうなってきた期間が長かったはずです。不味くて高いラーメンと物価のくだりが混在し、読む人によっては雑な印象を与えるので不適切な展開に感じました。 一言で言えば、購買力平価がよく分かっていないのでは?と思いました。 数年前、ニューヨークに行く機会があり、ラーメンを食べました。日本では通用しないマズいラーメンが一杯2000円。小皿料理を注文し、ビールを飲んだら5000円を超えました。これはアメリカの経済が成長を続け、物価も給与水準も上がっているからです。一方、日本は経済が低迷し、物価が下がり続けています。日本はもはや先進国ではない、と感じたのです。
72Picks
NORMAL