Picks
2フォロー
11463フォロワー
「欧州グリーンディール」とは?1兆ユーロの投資を見込むカーボンニュートラル戦略
ビジネス+IT
薬師院 仁志帝塚山学院大学 教授
科学は、基本的な疑問を考えることから始まる。19世紀の「世界の年平均気温」を、誰がどうやってコンマ何度の精度で計ったのだろう?。当時の温度計の精度はどうだったのだろう?。当時のアフリカの気象観測網は充実していたのだろうか?。しかも、地表の約7割は海だ、そこには、温度計さえ置かれていない。人為的温暖化論を論じる人は、きちんと答えてほしいものだ。 ちなみに、かつても「気候変動」が盛んに論じられていた…。 『異常気象-天明異変は再来するか』和田英夫他著、講談社、1965年。 『氷河期へ向かう地球』根本順吉著、風涛社、1973年。 『地球が冷える-異常気象』小松左京編著、旭屋出版、1974年。 『冷えてゆく地球』根本順吉著、家の光協会、1974年(角川文庫1981)。 『ウェザーマシーン-気候変動と氷河期』N・コールダー著、原田朗訳、みすず書房、1974年。 『氷河時代-人類の未来はどうなるか』鈴木孝夫著、講談社、1975年。 『地球は寒くなるか-小氷期と異常気象』土屋巌著、講談社、1975年。 『氷河期が来る-異常気象が告げる人間の危機』根本順吉著、光文社、1976年。 『大氷河期-日本人は生き残れるか』日下実男著、朝日ソノラマ、1976年。 『氷河時代がやってくる』F・ホイル著、竹内均訳、ダイヤモンド社、1982年。 1979年にスリーマイル島事故が起き、1986年にチェルノブイリ事故が起きた頃から、二酸化炭素の排出が悪者になってゆく。 https://www.amazon.co.jp/地球温暖化論への挑戦-薬師院-仁志/dp/4842912286/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=地球温暖化論への挑戦+単行本&qid=1633399556&sr=8-1
74Picks
NORMAL