Picks
1フォロー
1639フォロワー
ひろゆき氏の電話不要論に大賛成、電話は「不愉快で不適切」な5つの理由
Diamond Online
鈴木 文彦大和総研 主任研究員
役所や金融機関はとくにメール普及が求められているが実際は難しかろう。 基本的には私も電話不要論に大賛成。欲を言えばメールは受信トレイに溜まって捨てるに捨てれないのでチャットにしてほしい。電話が「不愉快で不適切」な理由は記事の通り。 【理由1】 掛ける側の都合で割り込む「タイミングの傲慢さ」 【理由2】 「所要時間」が不明・不確実 【理由3】 情報伝達が「非効率的」 【理由4】 「記録」が残らない 【理由5】 会話で頭が「リセット」される 逆にメールが「不愉快で不適切」な理由は上記5点の裏返し。すなわち理由の1にも2にもメールは送っても返事がもらえない。都合が悪いと見て見ぬふりをされてしまう。ギリギリまではぐらかされる。理由3、メールはいったん書き言葉に変換しなければならないので情報伝達が「非効率的」。理由4は「記録」が残るので迂闊なことを言えない。オフレコ話ができない。些細な応対ミスでもネットに拡散してしまう。切り取られ、内外の敵に弱みを握られる。見えない敵もつくってしまうのでややこしい。理由5は相手に考える時間を与えてしまう。不意をつかれた隙に畳み込み、丸めこむワザが使えない。 というわけで行政もビジネスもヒソヒソ話でメールは絶対使わない。お願いごとや機微に触れるやりとりは電話を使う。ものによるが交渉事も急な電話で相手が一瞬怯んだ隙に畳み込む。Face to Faceの矜持からだけではない。相手に迷惑がられながらも、頑固にメールを使わない業態や部署は残るだろう。 もちろんタイピングは苦手だし男の仕事ではないと考えるタイプの電話推進派は滅んでほしいし、電話不要論の先にある着地点もここにある。
308Picks
6月末までに「FAX廃止令」 河野大臣 各府省に指示
FNNプライムオンライン
鈴木 文彦大和総研 主任研究員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
178Picks
NORMAL