Picks
58フォロー
8074フォロワー
高性能チャットボット「ChatGPT」を支える“劣悪な労働搾取”を米誌がスクープ
クーリエ・ジャポン
シバタ アキラ株式会社Qosmo COO - Data x AI アントレプレナー
ChatGPTはこれまでのチャットボットが陥りがちだった問題に非常に上手く対処し、倫理的・道徳的問題の少ない結果を出力することに成功しています。AI倫理の専門家や、本記事に書かれているような労働の結果として有用性と安全性において段違いに高いレベルの結果を出したことはすでに高く評価されています。 有害な情報の検閲はこれまでもFaceBookなどのソーシャルサービス上の表示コンテンツのモデレートのために実施される中で本記事と同様の過酷な仕事内容が指摘されてきたわけですが、サービス提供側もより多くのユーザーがこのようなコンテンツに触れることのないよう各社が腐心してきた経緯があります。このような仕事を減らしたいのはサービス提供者や検閲作業の従事者全てが願うところでしょうし、そのこと自体にAIが活用され、自動化が進められているものの、人間のラベル付けがなければ始まらないのが現在の技術的課題です。この作業をいわゆる教師なし学習で実現することができれば人間に対する負担を大きく減らせるのですが。 この記事においては、ケニアにおける最低賃金の情報なく時給2ドル=搾取という一面的な指摘に疑問を感じます。オンライン検索の情報ですが、ケニヤの月間最低賃金は121ドル(https://take-profit.org/en/statistics/minimum-wages/kenya/) とあり、ひとえに搾取とは言えないのではないでしょうか。
115Picks
NORMAL