Picks
238フォロー
1864フォロワー
SNSで医師への誹謗中傷が多発する理由ー誹謗中傷は社会を蝕む麻薬である(原田隆之) - エキスパート
Yahoo!ニュース
加藤 僚一無職(人生再設計第一世代)
ソーシャルメディアと誹謗中傷の関係は倫理感覚の変化に対する社会ルールのネゴシエーションの真っ只中であるという事に尽きると思います。 ソーシャルメディアによってそれ以前にあった我々の周囲のプライベートな空間はほぼパブリックな空間に変化しました。ごくごく私的な耳打ちのような会話でさえソーシャルメディアがその情報をパブリックな空間に暴露できる構造がそうさせています。たとえ家族や友人といったプライベートな人間関係であっても、当人がソーシャルメディアを利用しているか否かによってその会話空間がプライベートなのかパブリックなのかが規定されます。 ですから、賢明な人はソーシャルメディア離脱を計るわけです。自分がソーシャルメディアから離脱すれば、少なくとも自分の周りではプライベートの濃度が他の人の倍になるからです。それは自分に対する会話での心的ハードルを下げ、人間関係を良好にし、そうした自分のライフスタイルを見た周囲の人々はどんどんソーシャルメディア離脱を計るインセンティブが働きます。そうやって自分の周囲のプライベート空間を拡張できるようになります。 ソーシャルメディア離脱の手法はアカウントを消す事ではありません。アカウントを保持しつつ、メディア特性に応じた必要最低限の情報を発信し、かつ常時発信するメディアを限定すれば、ある程度の離脱効果を得られます。
5Picks
マスク氏ら、AI開発の一時停止訴え 「社会にリスク」
Reuters
加藤 僚一無職(人生再設計第一世代)
端的に言えば、もう無理ですね。 既にLLMは亜種を含めて数十のブランチが派生してファインチューニングが進んでいます。より少ない計算リソースで精度の高いアウトプットが出るようなモデルも週ごとに更新されてリリースされています。 今まだその程度の派生に留まっているのは、LLMの学習に必要なリソース(データ・計算)がまだ膨大な規模だからです。膨大と言ってもGPT-3では数億円規模のクラウドリソースを費やしていたものが、現在はもうラックサーバ数台程度で可能な領域まで小さくなってきていますが。 FLIの人々の話してる事はちょっとずつ現実から乖離しはじめてると思います。前提としてる事が1年前、GPT-3が出てきた頃の情報を前提になっています。今起きている事をあえて「懸念」として未来を見据えるなら、もうちょっと違った形だと思います。 恐らく現在のような分かりやすいアウトプットを出せるようなクラウド型AIが驚異となることは無いでしょう。むしろ問題になるのは世界中のネットワーク上に分散した状態で保持されるマルウェアのような形のAIだと思います。開発リソースが指数関数的スピードで効率化してるので、来年か再来年くらいにはAIのような振舞いをするマルウェアが出てきてもおかしくないと思います。 【追記】 知らんけど
698Picks
南海トラフ地震 関連死 7万6000人可能性 東日本大震災の20倍か
NHKニュース
加藤 僚一無職(人生再設計第一世代)
各地での防災計画ではある程度着目されていると思いますが、西日本の巨大地震での大きな懸念点、特に四国での懸念点として思い浮かぶのは、土砂崩れの多発による山村や都市の孤立化です。 東日本大震災でも岩手県などは孤立集落・都市への援助困難が道路の寸断によって多発した地域があります。西日本を地図上で確認できるだけでも、少ない幹線道路によって生活が支えられている地域が多く見られます。 幹線交通が集合化されてバッファを失っていくのは、地域人口が減る事によるインフラのランニングコストを地域の財政で支える事ができないためです。住民が減る自治体がインフラを支える財政を維持するには自治体合併しか道がありませんが、現在の人口減少は周辺地域や地方都市も含め、合併によって支えられるスピードを超えおり、都道府県単位の広域自治体でも食い止められていないのは人口統計資料を眺めていれば良く判ります。 つまるところ、総体的に考えるとより大きな広域自治体による包括的なインフラ整備が求められる訳で、道州制の議論を西日本でもきちんとできるようにならなければ、こうしたニュースも減る事はないでしょう。
213Picks
NORMAL