Picks
247フォロー
1896フォロワー
続く原酒不足 国産ウイスキー、メーカー苦心
時事ドットコム
加藤 僚一Designer / Information Architect(人生再設計第一世代)
時事通信のウンコ記事にアンチテーゼ男の血が騒いだので久々にコメントします。 ウイスキーは世界のマーケットも賑わっていて、特にイギリスを中心として古い蒸溜所を再興したり、新しい蒸溜所が出来たりと、銘柄が沢山出てきていて、世界的にも原酒需要が高まっています。 それにジャパニーズウイスキーの原酒は国内生産は恐らくごく一部で、殆どのレギュラー銘柄は海外(イギリス・スコットランド・インド・アメリカなど)の原酒を輸入して使用していると思います。白州や知多のような高級ブランドには各ブランドの国内蒸溜所生産の原酒を主に使ってると思います。 またイギリスやスコットランドでは原酒を専門に作る蒸留所などもあり規模も数も全然違いますが、日本は原酒を専門的に生産する蒸溜所もありませんし生産規模も蒸溜所の数も小さく、製造に最低でも4年〜8年という期間を要するため、昨今急に高まってきた需要に対して原酒生産が追いついていないのです。生乳生産や減反問題と同じ構造です。よって今後数年はこの状態が続くのです。 ポイントは目の前の原酒不足というよりも、今後ジャパニーズウイスキーの人気を増産を始めている原酒生産の供給に見合う需要(人気)を維持できるかどうかというところではないでしょうか。今後は安い銘柄(原酒の熟成年数が若い順)から徐々に原酒不足は解消していくものと思います。 おそらくその辺のような事情を全然理解していない記事ですね。最後の結びも意味が通じてません。 ちなみに我田引水、北海道は厚岸蒸溜所のやっと発売されたレギュラーサイズの新商品は1本1万5000円(正規価格。オクや楽天では倍以上の値段が付いてます)です。熟成に使うミズナラ樽も地元のミズナラを伐採して作るほど、生産地へのこだわりが強いブランドです。 http://akkeshi-distillery.com/products.html もひとつ我田引水、札幌にある紅櫻蒸溜所は現在クラフトジンを生産していますが、これは将来的にジンの蒸溜施設をウイスキー生産に流用するそうです。詳しいインフォメーションは最近見てないですが、予定通りであれば今年辺りからウイスキーの蒸溜を始めるはずです。 https://www.hlwhisky.co.jp
273Picks
イチロー、松井秀喜、田中将大、大谷翔平なぜ野球界に大スターは生まれにくくなったのか
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
加藤 僚一Designer / Information Architect(人生再設計第一世代)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
いら立つトランプ氏「勝者は私」 ツイッターに、全て大文字
共同通信
legacy(レガシー)の意味
Do-You-意味?
加藤 僚一Designer / Information Architect(人生再設計第一世代)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
NORMAL