Picks
1410フォロー
6715フォロワー
「介護予防マニュアル」が10年ぶりに改訂!【介護保険最新情報Vol.1086】
介護求人、転職なら【介護求人ナビ】
スズキ マンジ(株)デンソー CX スズキマンジ事務所 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ウーバーやリフトの運転手がテスラに乗り換え-ガソリン高騰で
Bloomberg.com
スズキ マンジ(株)デンソー CX スズキマンジ事務所 代表
こういう使い方をする場合の、テスラのインセンティブの大きさを実感できる数字が書かれている記事。 (以下、記事中から引用) バーンズさんはウーバー・テクノロジーズと契約を結ぶレンタカー会社ハーツを介してテスラのモデル3を1カ月レンタルすることを選択した。ハーツは保険や基本整備料を含み走行距離は無制限で1週間当たり344ドルの料金を提示している。充電コストを考慮しても、バーンズさんが自身の「夢の車」に払うコストは1週間当たり約450ドルにとどまり、カムリの給油で必要な約600ドルを下回った。バーンズさんは最初の週の収益で、1カ月分のレンタル費用をカバーできたという。   バーンズさんの新車は乗客にも好評だ。「彼らは以前よりもかなり気前がいい。通常なら1ドルから3ドルのチップがもらえれば幸運だが、今では10ドルや15ドル、連続でもらえることもある」という。ブルームバーグに提供したバーンズさんの収益のスクリーンショットによれば、25日間のレンタル期間中の収入は2600ドル余りと、「ビースト」を運転していた時期の通常の収入(800-1000ドル)の2倍以上になった。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
41Picks
NORMAL