Picks
1334フォロー
6444フォロワー
テスラ、「リアルタイムの運転行動」が価格を左右する自動車保険をテキサス州でスタート
TechCrunch Japan
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
自動運転機能を使わせるか否かを判断するためなどに開発されたと思う「Safety Score」(安全運転の度合いスコア)を保険に応用するのは、よいと思います。 今より高くなるのも、安くなるのも、本人の運転しだい...Teslaを運転する時には、複数のドライバープロファイルから、マニュアルで設定することもできるので、「誰」が運転しているかを同定することが難しいかもしれません。 (以下、記事中から引用) この保険は、顧客のリアルタイムの運転行動をもとに保険料を算出する。他の保険会社が一般的に使用する、クレジット、年齢、性別などの情報は、Teslaにとってはどうでもいいことのようだ。Teslaによれば、顧客の保険金請求履歴や運転記録も考慮しないという。 その代わりにTeslaは、9月に同社がリリースした「フル セルフドライビング(FSD)」ベータ版で導入した機能である「セーフティスコア」を見ることにしている。そのため、ドライバーが道路上で遭遇する状況に応じて、支払う必要のある保険料が毎月変わる可能性があり、かなり複雑なことになるかもしれない。強いられた衝突警告やオートパイロット解除は、すべてスコアに影響する。また、危険な距離で他の車に追従したり、急ブレーキをかけたり、アグレッシブに角を曲がったりすると、スコアが下がる可能性がある。セーフティスコアは現時点ではまだベータ機能であり、Teslaは時間の経過とともに改善されるだろうと述べている。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
NORMAL