Picks
1334フォロー
6439フォロワー
ANA、徒歩・電車など「日常移動」にもマイル付与「ANA Pocket」開始 旅行割引に利用可能
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
中国EV「NIO」欧州事業開始 バッテリーサブスク成功なるか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
NIOのノルウェーでのビジネス立ち上げで、BaaS(Battery as a Service)の成立性が検証できますね。個人的には、難しいと予想しています。 (以下、記事中から引用) NIOはノルウェーでBaaS(Battery as a Service)を展開している。顧客が所有するのは車両本体のみで、バッテリーはリースにするというサブスクリプションモデルだ。バッテリー交換を行うステーションネットワークやアップグレードなどのサービスを提供している。75kWhバッテリー搭載車のBaaS利用者は本体価格から9万ノルウェー・クローネ(約120万円)の割引が適用され、毎月1399ノルウェー・クローネ(約1万8000円)のサービス料を支払う。100kWhバッテリー搭載車には16万ノルウェー・クローネ(約210万円)の割引が適用され、サービス料は月額1999ノルウェー・クローネ(約2万6000円)となる。 2022年末までにNIOはノルウェーの主要5都市と高速道路に20カ所の次世代バッテリー交換ステーションを設置する計画で、第1号は今月末に運営開始となる予定。 オスロのショールームは総面積2100平方メートル。来店者向けにカフェや図書館なども併設されている。NIOは2022年にショールームをベルゲン、スタヴァンゲルなどの4都市にも展開する計画だ。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
54Picks
NORMAL