Picks
1330フォロー
6386フォロワー
矢沢永吉から若者たちへ。「人の上に立つ、ということ」
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2193Picks
「ゲレンデのEV」まで用意するベンツのEV戦略
東洋経済オンライン
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
以下の部分が印象的です。政策主導で、市場動向を見極めず「プロダクト・アウト」一本足になったとしましょう。 「緩やかなEVシフト」から「完全なEVシフト」へが大前提になりますが、それが外れた場合…もはや市場に受け入れられる商品を持っていないことになります。 つまり、数年間で完全にEV主流の市場になるという前提の大きな賭けであり、その前提が外れて、十年以上の緩やかなEVシフトになった場合には、完全な裏目に出るということです。 (以下、記事中から引用) 今回のメルセデス・ベンツのEVシフトは、欧州委員会(EC)などによる「レギュレーション・ファースト」と実質的に連動した、メーカーによる「プロダクトアウト」型のブランド戦略だ。 世界のユーザーや販売店からの「EVがほしい」という声に対する「マーケットイン」型のブランド戦略ではない。 HEVとPHEVでは日本に勝てない…それにより、前述の戦略しか選択肢がなかったとは言え、今は「これがトレンドだ!」と勢いが良いですが…年数が経過した時に、資金的、商品的に耐えうるか…少し心配です。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
22Picks
NORMAL