Picks
1373フォロー
6490フォロワー
海運世界一のデンマーク企業がグリーンモビリティ・ベンチャー投資を加速する理由
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
日産、EV投資で1兆円超計画…次世代電池の開発加速
読売新聞
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
最高に売れているTeslaですら未だに50万台レベルです。 そう考えると、100万台レベルで大量にクルマを製造するための投資、設備、人材は、未だに従来の自動車企業が有利な状況です。 EVを作る上で、とても大事なことは「モデル数を増やさない」ことです。ただでさえ、全体のパイが小さい中で、モデルをばらしてしまったら、更に少量生産になってしまいます。 そういう意味では「フォルクスワーゲンもグループで、30年までに約70車種のEV発売を目指す。」は、かなり致命的とも理解できます。 Teslaをみるとわかりますよね。セダン(高級版:ModelS、普及版:Model3)、SUV(高級版:ModelX、普及版:ModelY)、ピックアップトラック(サイバートラック)…3つの車種と、その中の高級車、普及版だけです。 従来のように「セダンのカテゴリーに複数車種」というラインナップとは違う考え方にしないと収益の確保が困難です。 (以下、記事中から引用) 調査会社LMCオートモーティブによると、20年の世界EV販売台数は米テスラが約45万台で、2位の中国・上海汽車集団や3位の独フォルクスワーゲンのグループに20万台以上の差をつけて優位に立っている。日産と仏ルノー、三菱自動車による3社連合は4位の約18万台だ。  テスラや中国勢に対し、大手各社も巻き返しを図っている。トヨタ自動車は30年までに車載電池の増産や開発に1・5兆円を投じる。フォルクスワーゲンもグループで、30年までに約70車種のEV発売を目指す。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
188Picks
NORMAL