Picks
1331フォロー
6407フォロワー
米ルーシッド、837キロ走行でテスラの記録抜いた…その裏には韓国製バッテリー(1)
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします
元テスラ社員が立ち上げた「自動運転トラクター」企業の実力
Forbes JAPAN
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
農業ビジネス参入の鍵が書かれています。 TeslaとZooxだけでは農業はできません。最後にある、農家としての知見と農家のコミュニティへの参加、これが鍵となります。 (以下、記事中から引用) シュワガーは、テスラやZooxに務めた後に、モナーク社を創業した。テスラでギガファクトリーの責任者や製造プログラムの主任を務めた彼は、トヨタとのコラボによるEV(電気自動車)「Rav 4」の製造プログラムのリーダーも務めたという。 その後、Zooxに移籍した彼は、そこで後のモナークの共同創業者となるPraveen PenmetsaとZachary Omohundroの2人と出会った。彼らは、その数年前に小さな会社を立ち上げて電動トラクターを作ったが、うまく行かなかったという。 そして2018年に、3人は新たな会社を設立することにした。農家としての知見を教えてくれたのは、シュワガーの親友のリフトの共同創業者のジョン・ジマーを通じて知り合った、カルロ・モンダヴィだ。彼は、カリフォルニアワインの父と呼ばれるロバート・モンダヴィを祖父に持つ、ワイン業界の名家の出身だ。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
5Picks
20年で100兆円稼いだGPIFはどんな資産運用をしている? 個人でも真似できるのか
Mocha(モカ)|お金の知性が、人生を変える。
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
149Picks
NORMAL