Picks
1326フォロー
6324フォロワー
特許で読み解くテスラ AI急増、電池の熱制御に強み
日本経済新聞
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
以下の2つの分野の特許は、全く種類が違っていると考えると分かりやすいですね。 前段は「テスラだからできること」であり、後段は「従来のOEM視点だからできること」という印象です。 (以下、記事中から引用) テスラは電池などで発生した熱を空調を含めた様々な部分に逃がして活用する「オクトバルブ」と呼ばれる特殊な部品に強みを持つ。20年に発売した多目的スポーツ車(SUV)の「モデルY」から搭載した。通常の自動車はパーツごとに熱を制御することが多いが、テスラは自動車全体で熱の制御を最適化しようとしている。冷却材ループに関する特許はテスラの熱制御の基本となる技術で、山内氏は「物作りに地道に励んでいることが特許から分析できる」と指摘する。 一方で、テスラが出願した特許で「発明者」としても最も多く名前が登場したのは2000年代にマツダにもいたことがあるチーフデザイナーのフランツ・ホルツハウゼン氏だった。2位の発明者の2倍近い約80件の意匠特許の出願に関与。テスラの意匠特許としては、モデルSに搭載されたダッシュボード中央部の大型ディスプレーや「モデルX」の跳ね上げ式ドア「ファルコンウイング」などに関わる特許がある。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
98Picks
NORMAL