Picks
9085フォロワー
【成毛眞インタビュー】AI時代に生き残るための「STEAM」
Asahi Biz Station
公式アカウント
【インタビューこぼれ話】 AI時代に武器にすべき理系知識群「STEAM」。これからの社会では、理系人材・理系知識がさらに重要視されることが予見されます。成毛先生に、未来を担う子供たちの理系教育について聞いてみました。 ーーーーーーーーーーーーー ーー「STEAM」が重要視される社会になり、子供たちの教育も変わっていくと思いますが、いまはどのような変化が見られますか? 成毛:いま、面白いのは「LITALICO」という学習塾。ADHDなどの発達障害を持つ子供を中心にプログラミングやロボット技術を教えているところ。最近、普通の学校では問題児と言われていたような子たちを受け入れるLITALICOみたいな場所がいっぱい出てきた。この先、歴然とした差がつくだろうね。 でも、大企業の社長や歴史上の人物にもADHDだったと言われている人はたくさんいる。一定の分野で、すごい能力を発揮することがあるんだよね。そんな子たちが、ロボットを学び始めたら、すごいことになるよ。 いまそこで学んでいるのが、10~15歳の子たちだから、5年もすれば社会に出てくる。親の世代から100%デジタルネイティブで、子供の頃からプログラミングやロボットをやっているその子たちがベンチャー企業を作ったら、きっと他の人は太刀打ちできないと思う。 ーーーーーーーーーーーーー LITALICOの事例は、子供たちの学び方に大きな変化が生じており、多くの子供が社会に出るまでにSTEAMを武器として身につけることを示しているのでしょう。いま、「私は文系だから、理系はちょっと・・・」と敬遠している大人も、STEAM分野のニュースに心を開くことから始めるべきかもしれません。
朝日新聞デジタル&M
309Picks
【齋藤孝インタビュー】正しい決断のために必要な知性を持つには
Asahi Biz Station
公式アカウント
【インタビューこぼれ話】 齋藤先生の著書「知性の磨き方」にあった「インターネット上での口論は知性のないこと」という一節から、齋藤先生にこんな質問を投げかけてみました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーインターネットも含めて、話し合いの場では「知性のある人」は、ただ声が大きい人・言い方が上手い人に負けてしまう事もあると思います。そういう場合はどうするべきでしょうか? 齋藤:確かに、シンポジウムなどでも、そういったことはあります。1分間でコメントをくださいと言われたので、私は1分でまとめたのに、隣の人は5分も6分もコメントしているというような場面はよくあります。その内容も、やはり自分の知性を誇示するようなものが多いですね(笑) 知性のある人は自分のおかれた場全体のことを考えるため、損をしてしまうこともあります。知性ある人の悲劇といえます。 でも、長い目で見ると、全体を見て考えている人の方が、受け入れられやすいですよ。TV番組のMCの方や芸人の方を見ても、長くTVに出ているのは、全体の中で自分がどういう動きをしなければいけないか分かっていて、それをコンパクトにまとめられる方ばかりです。知性というのは長い目で見ると評価されていると思うので、自分に知性があると思うなら、自信を持つべきですね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 知性というのは、長い時間を掛けて培うものであり、長い目で評価されるもの、というのが、齋藤先生の語る知性のあり方です。物事が本当に正しいのかどうかも、多くは長い時間を掛けて判断しなければならないもの。そう考えると、やはり、正しい決断のためには知性は必要不可欠なものなのでしょう。
朝日新聞デジタル&M
327Picks
【3校インタビュー】大学こそ、世界基準で教育を進化させるべき
Asahi Biz Station
公式アカウント
【九州大学こぼれ話】 Qrecで松永先生がやっている授業は、経営シミュレーションのオンラインゲームのようなものだそう。このゲームには、会社員の方からも参加したいという声が上がっており、今後、社会人をチームのコーチにする制度や、甲子園のように大学対抗戦にする構想があるとのこと。実現したらきっと盛り上がるでしょうね。 【都留文科大学こぼれ話】 冨永先生が主に研究している内容は「生涯教育」だそう。ライフステージやキャリアが変わる時、誰もが「働き方」について考えると思います。また、そのタイミングで、勉強をしてみようと考える人もいるでしょう。「働き方」と「ジェンダー」が密接につながっているのと同じく、「働き方」と「生涯教育」もつながっているのでしょう。 【大阪教育大学こぼれ話】 柏木先生は、ICT教育は第二言語習得と同じように武器になるとおっしゃっていました。英語が得意でなくても、ICTで越えられる壁も多いとのこと。確かに、Web翻訳ツールの精度は非常に高くなっていますし、翻訳ツールを使っていくことで理解できる表現や単語もあるということを思い出しました。とにかく、英語を習得したいのであれば、CLILLと同じように、自分の興味のある分野や、必要な分野で英語に触れていくことが重要なのでしょう。
<PR>Asahi Biz Station
190Picks
月面探査HAKUTO・脳科学、「未知」に挑む二人の研究者
Asahi Biz Station
公式アカウント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
<PR>Asahi Biz Station
122Picks
キユーピーとAOKI、産学連携だからこそ起こせたイノベーション
Asahi Biz Station
公式アカウント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
<PR>Asahi Biz Station
140Picks
【インフォグラフィックス】 「国策」としての産学官連携 2016
Asahi Biz Station
公式アカウント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
<PR>Asahi Biz Station
254Picks
BRAND_ROBOT