Picks
311フォロー
3345フォロワー
まさに機能美といえるデザイン! 良質な道具として誕生した車3選
くるまのニュース
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長
サニトラの思い出(再掲) 私の生涯で彼女に露骨に引かれたクルマ、それは中古車屋から借りた廃車予定のサニートラック。 もちろん2シーターで狭い。色々できない。 サニトラは少し流行った時代があり、チャラい若者(と言っても自分も二十代前半の頃)が乗っていたと思われるその車体は、ホットロッド風にしたかったのか前輪ノーマル、後輪に極太のタイヤを履かせ、ナナメカチ上げのスポーツマフラーによる快音で悪目立ちする。 百歩譲ってショートボディならまだお洒落とも言えるが、ガソリンスタンドお馴染みのロングボディでダサい。 リアクオーターは派手にぶつけたのか大きくヘコんでる。 他がキレイなのでイキがってぶつけた感ありあり。 最終型に近い88年式だが、フロントマスクはわざわざ前期の丸ライトへコンバート。70年代風を狙ったのだろうが、もはやまんまポンコツ。 狭い、目立つ、カッコ悪いの三重苦。 しかし名機A12エンジンの快音は良かった。 ノンサーボのブレーキは力一杯踏まないと効かない、けどヒールアンドトゥは楽勝。4速しかないが。 当然パワステなんてものもない。 でも気持ちいいクルマだった。 中古車屋に返したのち、しばらくしたら自宅近所で走ってるのを見つけた。こんなの買う奴がいるのか、と驚いた。 と同時に若いカップルが幸せそうに乗っていた。ぶつけた箇所はそのままで。
1Pick
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン