Picks
304フォロー
3304フォロワー
【削除されました】養殖物2021年1月26日(火)
note(ノート)
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当
エクリプスクロスPHEV試乗記5 続き… プラットフォームはアウトランダーやギャラン、ランエボ、デリカD5と同じGSプラットフォーム。 サスはフロントストラット、リアダブルウィッシュボーン派生マルチリンク式。マツダやトヨタ、VWなど最近のDセグFF車と相似形。 2.静止検分 試乗車はPと言う最上級グレード。ディーラーオプションのエアロ付き。 他にG、Mとあるが、装備の違いだけで主要メカやタイヤサイズは全て同一である。 タイヤサイズは225/55R18、銘柄はエコピアのオールシーズン(M+S)。速度記号はH(210km/h)。決して高性能とは言えないタイヤだが、トラクションコントロールに自信があるのか。 早速乗り込み運転席環境を確認する。 ペダルオフセットはどうか。 ステアリング軸はシート中心より10mm程度左にオフセットしているが、ブレーキペダルは明確にステアリング軸の右下。アクセルペダルはキッチリ右端に寄せている。 ペダルオフセットは無い、素晴らしい。 シートを合わせる。調整は電動。 高さは前後別に調整可能。メーターの角度に合わせるとちょいと高めなので少し下げる。それでも結構高い位置だ。 乗り込む際に少し高さを感じる。例えばフォレスターやCX-5はそのまま腰を平行移動で着座できるが、こちらはお尻を少し持ち上げる感じ。 クロスオーバーSUV各車より高い。 そのおかげもあって、視界は比較的良い。 ボンネット端は見えないが、左右に緩やかな稜線が見えるのもあり、不安はない。 シート表皮はセンター部分がアルカンターラ、それ以外サイド部分やヘッドレストは合皮。 座面、背面は身体にしっかりフィットし、まずまず。 クッションは見た目よりストロークは少な目。また、サイドサポートも弱め。特に肩はサポートされないのでアツい走りには厳しいか。 ダッシュボードは上面ソフトパッド、真ん中に黒グロスパネルやメタル調加飾を挟んで下面はハードプラスチック、と言う今風。 ドアパネルのアームレストはシートと同じ感触の合皮。 ただ、メタル調パネルは見るからにプラスチック塗装。センターのスマホ連動ナビの背後は安っぽいプラスチックが見える。低級グレードで後付ナビを付ける時のアタッチメントが付くのだろう。 チープとまでは言わないが、車両価格を考えるとちと惜しい。 続く…
35Picks
凋落トヨタの時代錯誤。ソフトウェア重視のテスラに絶対勝てぬ訳 - まぐまぐニュース!
まぐまぐニュース!
NORMAL