Picks
324フォロー
3434フォロワー
オンキヨー破産の反響に“大きな誤解” オーディオは「ノスタルジックなビジネスではない」と言えるワケ
ITmedia ビジネスオンライン
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長
あくまで私見ですけど オンキョーは昔から中途半端なポジションと戦略なイメージなんですよね 元々ハイエンドでは決してないけど、コスパが良い製品展開をしていた 30年前辺りだと、ハイエンだと20万円以上するプリメインアンプがオンキョーだと10万円で性能も決して悪くないので売れていた 他のコンポーネントも単品5万円辺りから10万円 オーディオ好きはソコソコこだわりを主張できるシステムが20万円辺りで揃えられる それが持ち味 ただ、昨今はそのマーケットが縮小し、皆安価なシステムか、よりハイエンドか、の二極化してる それに応じて、オンキョーもグッと安価なシステム(1万円から5万円のシステム)と、旧来からモデルチェンジしてない10万円超えのコンポーネントのラインナップなんですが 安価なシステムはその性能は兎も角、安過ぎて他のメーカーの製品との中に埋没 10万円超えのシステムはネームバリューが低く見えて売れない(ココにお金掛けたい層はハイエンドメーカーに行ってしまう) どれも売れてない 決して成功してるとは言えないかも知れませんが マランツはソコソコ安価なコンポーネントとソコソコのスピーカーを揃えて10万円ってのが組める そこって今ワザワザ家庭用オーディオにお金出そうと思ってる層に良い感じなんです マランツってネームバリューにソコソコ拘ってるとオーナーも感じる価格が上手い ウチもそんなマランツのコンポーネントを愛用してます 私はネームバリューなんぞ気にしない(性能だけなら別に中華系激安アンプでも全然構わない。昔と違い、今デジタルアンプなんて安価なの沢山ある)のですが、カミさんはマランツってブランドとデザインが重要らしいです そう言う所を読めてない気がしてます、オンキョーさんは
一生に1回くらい頂点に乗ってみないか? レクサスLSの進化と現在地【おっさんはこれに乗れ!】 - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長
『そんなC5に乗っていると、「扱いが違う!」と感じるシーンがしばしばあった。決してそんなに頻繁にではないが、なにかこう、ちょっと特別扱いしてくれるような気配を感じるのだ。それはとても気持ちのいいものだった。おっさんは、特別扱いされたい年頃なのである。』 C6ならともかく、C5は確かに大きめだけど、扱いが違うまで行きますかね? 当方C5ツアラー乗ってますが、そこまでの経験は無い。 他人から見たら国籍もヒエラルキーも不明なクルマでしょう。 もちろん当方は気に入ってます。 ぶっちゃけ、最高ですよ、最終型C5は。 3年前に中古で購入しましたが、その時検討していたBMW5シリーズツーリング中古とか、(対外的に)いいクルマだけどつまらない選択をしなくてホント良かった。 あ、先代レクサスLSはアリだと思います。 現行LSは失敗作のレッテル貼られてますし、わざわざ高い金払って現行買う理由は無い。 ただ、低年式先代レクサスLSはフロントサスブッシュを交換した方がいいかも。 ドイツ車よろしくな仮想転舵軸式マルチリンクなんで、ブッシュがヘタるとステアフィールはゴミになります。 逆に言えば、そこだけケアすればいい。 ドイツ車よりもカネ掛からないと思います。
1Pick
マツダ藤原副社長が退任へ 上級SUVの開発主導
日本経済新聞
鈴木 智幸ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
NORMAL