Picks
65フォロー
854フォロワー
教えてコンサル、あれもこれも 日本企業に「依存症」
日本経済新聞
大隈 健史富士通クライアントコンピューティング 代表取締役社長
コンサルの実力を見極め使いこなす重要性が描かれているが、それはまさにその通り。ただ、コンサル時代に某アジア企業で「How to squeeze」みたいな、なるべく金を出さずにコンサルを絞り切るみたいな社内マニュアルが元コンサルによって作られている話があった。しばらくすると、やはりそういう企業には優秀なチームは付かないことになるので程度問題あり。 コンサルも一人の人間なので、現場のチームは目の前のクライアントに貢献したいし、自分の評価を上げたい。コンサルもクライアント内キーパーソンそれぞれの個人的・チーム的動機を見て動くけど、同様にクライアント側もコンサルそれぞれの個人的な動機を見て動く方が、単純に絞り切ろうとするより得るものも大きいし結果として使いこなすことになりそう。 ちなみに、この記事の「異業種からコンサルへの転職が増加」として挙げられているデータが、転出と転入が混ざったデータとなっている。したがって、そのデータから読めるのは転入の中で異業種からが増えたことより、転入超過であるということの方がより大きく、タイトルと内容に乖離がある。こういうのを一見して違和感持って立ち止まれると、コンサル(ジュニア~マネジャ)向きだし、コンサル使いこなす第一歩かと。
200Picks
NORMAL