Picks
13フォロー
18911フォロワー
騒音少ない「超音速航空機」実現へ、JAXAがNASA・ボーイングとタッグを組んだ!
ニュースイッチ
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
JAXAの超音速機研究はあまり世間に知られていないのでしょうね.以下を参考に. 「JAXA、超音速機技術の実用化へ協議会設置 国際共同開発の参画視野」(2021年06月16日) https://newspicks.com/news/5940556?ref=user_2112738 「衝撃波抑えた超音速機、JAXAが26年にも飛行実験」(2019年08月02日) https://newspicks.com/news/4109266?ref=user_2112738 JAXAの超音速機の研究は「静粛超音速機」と呼んで20年以上続いてきました.「NEXST-1(小型超音速実験機)」 https://www.aero.jaxa.jp/research/frontier/sst/nexst-1.html https://www.jstage.jst.go.jp/article/kjsass/54/633/54_293/_pdf 「D-SEND(低ソニックブーム設計概念実証)」 http://www.aero.jaxa.jp/research/frontier/sst/d-send.html という超音速での飛行実験も行ってきました.とくに,これら飛行実験に裏打ちされた数値流体解析などで世界トップクラスの技術をもっています. これらの実験は機体をロケットで飛ばしたり、気球から落下させるものであり、次に取り組むべきは離陸から着陸まで飛行可能な実験機を設計、製作、飛行させることです。それにはJAXA単独で挑むよりは海外機関との共同で実施したほうが良いという判断です。一方、海外から見るとJAXAは着実に研究を進めているように見えます。NASAに一目を置かれる存在感があります。
66Picks
NORMAL