Picks
11フォロー
19010フォロワー
「空飛ぶ基地局」 開発本格化 災害時や途上国での活用に期待
NHKニュース
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
HAPS(High Altitude Platform Station)です.その潜在力は「空飛ぶ基地局」だけでないと気が付いているでしょうか.人工衛星の市場の何割かを奪い取る可能性があります.High Altitude Pseudo Satellite とも呼ばれます. 日本全土をカバーするために,高度20kmで数十機の航空機が常時,滞空しています.衛星のように,大きなエネルギーをもったロケットを宇宙まで打ち上げ,第1宇宙速度まで加速する必要はない.高度20mまで上がってHAPSに引っ掛ければ良いだけ.逆に,地上に回収することも容易. 従来,夜間すなわち24時間を超えた飛行(24時間を超えてエネルギーがプラスになる飛行)は不可能でした.そうしたなか,最近になって(ここ3~5年で)注目を浴びすようになったのは,電動化技術の発展が背景にあり,ソーラーパネルとバッテリーの性能が上がり,成立の可能性(24時間を超えてエネルギーが0からプラスに転じる可能性)が見えてきたからです.今後,5年程度で多くの飛行が見られるようになると思います.さて,どこが主導権を取るでしょうか. https://newspicks.com/news/6582399?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/6232734?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/5582795?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/4656224?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/4211153?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/4139593?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/3851112?ref=user_2112738 https://newspicks.com/news/3529258?ref=user_2112738 【追記】 気球や飛行船については以下. https://newspicks.com/news/5556795?ref=user_2112738
116Picks
NORMAL