Picks
12フォロー
18885フォロワー
【週末に学ぶ】まずは、気候の「ナラティブ」を理解しよう
NewsPicks編集部
「CASE」商機に照準、事業領域拡大狙う自動車部品各社の戦略
ニュースイッチ
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
20☓☓年,かつての「自動車」は「唯の自動車」(移動するだけの空の物体)としてコモディティ化している.唯の自動車を構成するあらゆるコンポーネントは標準化,モジュール化されている.唯の自動車を作るのは平易.必要なモジュールを組み合わせるだけ.昔は「職人」が経験で行っていたモジュール間の調整も,AI技術で標準化されて簡便になった.また,細かい調整はユーザの好みに合わせて,適応的に行われる. 誰でもちょっとした趣味レベルで唯の自動車が作られるようになった時代.自動車製造メーカーは,価格以外でお互いを差別化するのが難しい.メーカー死屍累々. 一方,安定なのは取り換えのきかないモジュール,それを変えると他の多くのモジュールを変更することになるモジュール,それを一から開発するより完成品を調達したほうが経済的なモジュール,そんなモジュールを他者に提供しているメーカーである.たとえば,自動運転システムを含むオペレーティング・システム(ソフトウェア,上位プラットフォーム)を収めたモジュールである.21世紀初頭,自動運転システムをどこよりも早く完成させ,デファクトスタンダードを握ろうと企業の競争があった. コモディティ化した自動車にユーザーが求めるものは何か.もはや走りや乗り心地の良し悪しではない.スマホを処理速度で選ばないのと同じ.その自動車で何が体験できるかである.そこで,21世紀初頭では想像が及ばない自動車の利用とサービスが創造され,唯の自動車にインストールするガジェット,アプリが開発されている.多くの自動車メーカーは,ここで差別化を試みる.また,アプリ開発のみのメーカーも存在する. 自動車販売「網」は無い.趣味としてマイカーを持ったりカスタムしたり手動運転を楽しむ人もいる.モジュール化されたEVの良いところはデザインが自由というところである.しかし,そんな人は少数.普通の自動車は個人で所有する物ではなく,共有する物である. 交通システムは環境・エネルギー・ユーザに関して最適化されている.
99Picks
世界のエネルギーのほとんどは、化石燃料です。それをすべて自然エネルギーに置き換えることはできるのでしょうか?
科学 NA NEWS
土屋 武司東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
化石燃料も自然エネルギーも本質的な違いはありません.太陽から地球に降り注ぐエネルギーに関して過去に蓄積された分を使うか,今届いている分を使うかの差でしかありません. できるかどうかはおいておいて,サハラ砂漠の0.5%にソーラーパネルを設置すれば,現在の全世界のエネルギー需要をまかなえます.現在の人間は所詮その程度のエネルギーしか消費していません.今後,人間の活動が地球にとどまる限りは,それが何倍かになるかもしれませんが,オーダーが大きく変わることはないでしょう.一方,人間の生存圏を地球外に広げるならば,より大きなエネルギーが必要となり,それに伴って地球上のエネルギー源も変わってくるでしょう. 1964年にソ連の天文学者ニコライ・カルダシェフが文明の発展度を示すカルダシェフ・スケールを提唱しました. I型文明は惑星文明とであり,惑星で利用可能なすべてのエネルギーを使用,制御できる文明. II型文明は恒星文明であり,惑星・母星を含む恒星系の全てのエネルギーを利用,制御できる文明. III型文明は銀河文明であり,銀河全体のエネルギーを制御できる文明. 現在の地球文明はI型にも届いていない.
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン