Picks
250フォロー
24511フォロワー
東京電力管内「電力需給ひっ迫注意報」継続 4日間で最も厳しく
NHKニュース
コロナ禍でも「生活を楽しめた人」と不満な人の差
東洋経済オンライン
葉村 真樹ボストンコンサルティンググループ パートナー&アソシエイト・ディレクター
私は完全に「生活を楽しめた人」です。というか、本当にむっちゃくちゃ楽しみました。正直マスクの面倒さ以外に関しては、ほぼ不満はなかったです。まあ、長期間海外に行けなかったり、長らく老親や遠くの友人と対面で会えなかったのは残念ではありましたが、それはそれ、ですかね。 本分析に従うと、確かにITスキルというか、ヴァーチャル空間での行動にストレスを感じず、むしろ十二分に活用出来たことが大きいですかね。よくリモートで休みなく会議が続いて辛い、という声があったりしますが、それも自ら時間をブロックするなどの運用をしてないからで、ほとんどのネガは運用で摘むことができます。まあ、それもITスキルというかリテラシーの一つかもしれません。友人との会話もデジタルツール駆使して、従来より増えたかもしれません。 さらに言うと、ストレスの多い公共交通機関での移動や、飲み会などの義務的に発生しているイベントや、ストレスの多い親しくない他人との付き合いが極端に減って、家族や親しい友人とのコミュニケーションの時間を大幅に増やすことが出来たのも大きいですね。本を読んだり、ビデオで映画を見る時間も増えましたし。私自身はこの期間、通常よりも大幅に消費も増えましたし、なぜこんなにも収入が減ってない人までが消費を落ち込ませたのか、全く理解できませんでした。 ちなみに趣味は、上記の読書・映画に加え、ランニングやバイク(自転車)、ドライブ、サーフィン、そして旅行といったアウトドアですが、実はこの辺は影響は受けなかったどころか(すべて同じ都道府県内で実施)、むしろ空いてて快適でした。街の空も、空気もとてもきれいで、最高でしたね。すでにあの頃が懐かしいです。
44Picks
イーロン・マスク「テレワークではエキサイティングな製品は生み出せない」テスラ社員にオフィス復帰を迫るメール全文
Business Insider Japan
葉村 真樹ボストンコンサルティンググループ パートナー&アソシエイト・ディレクター
ま、それでも社員が集まるのであれば良いのじゃないですかね。いわゆる専制型の経営者は全員出社のモデルを好みますから、想定通りではあります。 従業員にも完全リモートを望む人、ハイブリッドを望む人、以前通りの完全出社で良い人がいるように、経営者の方針としてもそれぞれパターンがあるでしょう。それぞれがマッチアップした上で労働市場が形成されるのであれば、全体としての幸せの効用は上がります。 「やっぱ人は毎日顔を付き合わしてナンボ」あるいは「オフィス仕事なんて別に人とリアルに会わなくても出来る」とそれぞれのポジショントークをしたところで無意味です。自分に合う組織を選べば良いことだし、企業も自身の方針に合う人を採用すれば良いだけです。 ※ちなみに個人的には対面とリモートのそれぞれ良い面あるから、ハイブリッドで良いんじゃない?と思うので、どちらかを強制するような職場はこちらからお断りですね。ぶっちゃけ、各人が好きな場所(ある人は海のそば、ある人はカフェ、ある人は山小屋など)からアクセスして、Slackでエキサイティングアイデアが生まれることあるし、実際何が良いかなんて、単なる好き嫌いの話だと思いますよ笑。(てかリモートワークって自宅で仕事することじゃなくて、好きな場所で仕事することだと思うのですが)
286Picks
NORMAL