Picks
40フォロー
8955フォロワー
【深層】アメリカ政府がグーグルの「独占阻止」に必死な理由
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
301Picks
【経営×CS】超多忙な経営者が、顧客に向き合うには
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
332Picks
【解説】ビッグテックに逆風、ネット広告「包囲網」の正体
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
524Picks
首相、同性婚に否定的な考え 「社会が変わってしまう」
共同通信
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
以前、ハーバードケネディスクールでリーダーシップを教えるロナルド・ハイフェッツが、講義(NHK放送の「リーダーシップ白熱教室」)の中で、「アメリカの銃規制がなぜ進まないのか」ということについて説明をしていてなるほどと思ったので記憶を頼りにして紹介します。 確かこんな内容でした。 「人々は、自分の所属するコミュニティや先祖に対して忠誠心を持っている。銃規制に反対する人々は、銃を使う権利などと言っているが、実際はそうではない。 そうではなくて、子供の頃に、親から人を殺してしまうこともある銃を安全に使う方法について教えられた経験があり、それを親からの愛情と同じものとして受け取っている。したがって、銃を持つことを規制されるということは、親の愛情を否定されているような気持ちになるから反対するのである。 だが、仮にそうであるならば、相手の論理の内的矛盾を突いて行くことが変革において必要である。 内的矛盾とは、例えば、人を大量に殺すことができてしまう多弾数型の銃などは規制すべきだということは同意を求めることができるかもしれない。」 というような内容だったと思います。 このジェンダー多様性の問題についても同様のことがあり得るかもしれません。親からの愛情、家族と過ごした時間、そうしたものを否定しているのではない。そうではなくて、この制度があることで、そうした時間を持つこと否定されている人々を生み出してしまっていることは良くないことだということに同意してもらうことは、もしかしたら出来るかも知れない。親からの愛情や家族と過ごす時間を大切にする権利を分かち合うためのものだ、というように。 私の上記の内容は的外れかもしれません。 ですが、少なくとも大事な点は、人々は守りたい何かを脅かされていると思うから変化を拒むのだということです。 であるならば、変革するためには、その脅かされているもののうち、何を保持し、何を変えるか、ということについて考えなければなりません。言い換えれば、耐えられる痛みと耐えられない痛みが何であるかを峻別しなければなりません。そして、耐えられる痛みを広げていくために周到に戦略を考え、したたかに実行することで変革がはじめて可能であると思います。 怒りを表明することもその一つになりうると思いますが、そこにとどまってはならないとも思います。
489Picks
【学び方】新規事業創出を加速させるマインドセットとは
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
266Picks
【徹底解説】株価70%下落。テスラが直面する「六重苦」
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
483Picks
豊田章男社長を取材し続けた筆者が思う、退任の本当の理由
ITmedia ビジネスオンライン
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
195Picks
【暴露】ジャック・マーはなぜ東京にいたのか
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
986Picks
【解説】トヨタの新社長「佐藤恒治」とは何者か?
NewsPicks編集部
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
748Picks
「異次元」政策の前に必要な思考
日本経済新聞
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
「目先の効果だけでなく、経済全体の反応や将来への影響も考慮して、全体として辻つまが合うかどうかを考える」ことが、一般均衡理論的思考で、これがあるかないかが、政策の価値を決定する、という主張のコラムです。匿名のコラムですが、なかなか含蓄があります。 このコラムでは政府の政策への批判的視点が述べられていますが、しかし、もっと敷衍して考えれば、企業の変革・改革における施策なども同様のことがよくあります。「○○の数値を上げるためにどうするか」などで、それを上げる施策を展開して上がらないと、また別な施策が増え、現場の負担が増し、結果的に数値も下がる、といったように。 このような考えると、断片化された思考で、自分の領分からだけ施策を考えるということが、どれほど社会や企業組織にネガティブなインパクトを与えているかを考えなければなりません。 断片化を逃れるために基本的に必要なことは、オープンに議論すること、対話することです。もちろん、そういった議論や対話が、本人が考えることを回避するために行われるようでは論外です。 誰にとって、どういう姿を目指して、それに対してどれくらいの範囲の影響を視野に入れて施策を展開するのか、今、本当に必要な論点だと思います。
1Pick
突然変異のオリンパス、営業利益率20%の裏に大手術
日本経済新聞
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
マイクロソフト、クラウドで暗雲払拭できず
The Wall Street Journal
宇田川 元一埼玉大学経済経営系大学院 准教授
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL