Picks
0フォロー
6フォロワー
親ガチャ、反出生主義…若者たちは「人生のネタバレ」に絶望している
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
東大生がやっている勉強の進捗管理法。手書きの「ガントチャートノート」で学習が超絶はかどる
STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
恩田 講某ゲーム開発企業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1160Picks
天職を見つけたことを示す7つのサイン
Forbes JAPAN
恩田 講某ゲーム開発企業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1019Picks
ペッパー君さようなら 8割超が“もう要らない”
AERA dot. (アエラドット)
恩田 講某ゲーム開発企業
長期視点に立った「キャラクター」としての運用のノウハウが必要なのではないでしょうか。 登場時のインパクト以降、話題性が換気できていないことが残念ですね。ソフトウェアの内容やロボットとしての外見的なデザインのアップデートを含め、会いに行くのが楽しみになるような運用が必要ですよね。 Pepper君に足りていないのは、彼は何者で、なぜそこにいて、何を成し遂げたいと思っているのか、という設定とストーリーじゃないかと思うのです。ソフトウェアの面では、毎週新しいイベントでお客様をおもてなしするモバイルゲームのノウハウが1番近いような気がします。でも、多分それだけではダメで、おそらく週刊マンガ雑誌やテレビドラマなど、キャラクターとストーリーの継続的な運用の計画が大事なのだと思うのです。 ソフトバンクが、自社を代表するキャラクターとしてPepper君をしっかり育てていこうとしているかどうかもポイントですよね。技術力を売りにしているソフトバンクのイメージをアピールするキャラクターとしては最適で、白戸家のCMでは表現しきれない側面を担える気もします。キャラクターは子供と一緒で、どれだけ手間をかけて育ててあげるかです。 現状は「人気はないが認知度は高い」という位置付けですが、初めて身近になったロボットという価値は、極めて高いと思うのです。マーベルだって廃れたキャラクターを現代風にリブートして運用しているだけです。愛をもって運用すれば最高のキャラクターにできるはず。ご自身のキャラクター価値を最高に高められた孫さんなら、Pepper君のリブートも不可能ではない気がします。
1232Picks
カジノで借金の大王製紙元会長、日本カジノには悲観的 「作ってもうまく行かない」
デイリー新潮
【冨山和彦】「Gの時代」が終わり、「Lの時代」がやってきた
NewsPicks編集部
恩田 講某ゲーム開発企業
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
6575Picks
NORMAL