Picks
37フォロー
39609フォロワー
1日に4つの宇宙船が打ち上げ--SpaceXやBlue Originなど
CNET Japan
小野 雅裕NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家
横からごめんなさい、鈴木さんのコメントに注釈させてください、、、、 ①過去に「NASAのロケット」だったのはサターンとスペースシャトルくらいです。基本、アメリカのLVは昔から民間か軍でした。最初は軍が先導して民間に渡す形が多かったかな。ファルコン以前にアメリカの主力だったアトラスもデルタも民間のロケットです。 ②ペイロードについても昔からアメリカはNASAの探査機より軍事衛星の方が圧倒的に多いです。軍が宇宙に使う予算の方がNASA予算より遥かに多いですから・・・ ③韓国の月探査機はNASAとの共同ミッションです 「宇宙は民間の時代!」というスローガン、もちろんその通りだけど、いささか単純化されすぎて理解されている気もします。昔からアメリカの宇宙開発は民間が大きな役割を演じてきました。この15年くらいで大きく変わったのは ①契約方法との違い 民間はNASAにモノを納めるのではなくサービスを納める契約に変わった。COTS、CLPSなどまさにこれ ②なんと言ってもSpaceXの登場。それに伴う形で追随する民間企業が多く登場した。「民間の時代」というよりむしろ「SpaceX」の時代と呼ぶ方が正確かもしれません。 アメリカの宇宙開発におけるNASAの存在感が相対的に下がったのは間違いありません。NASA予算は基本横ばい、一方民間の規模は拡大しています。素晴らしいことです。 さて。 なんにせよ、一日に4発はすごい! それと、ニューシェパードはもう6度目の観光飛行。もはや大きなニュースにならないくらいになりました。一方、ライバルのヴァージンはブランソンの初飛行以来飛んでません。サブオービタル観光飛行、勝者はのちらだったか、どうやら軍配は既にあがったように思います。 追記 Wikipediaでこんなグラフを見つけた。勝者がNSなことは一目瞭然: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/51/Suborbital_spaceflight_timeline.svg
82Picks
NORMAL