Picks
39フォロー
38587フォロワー
米スペースX、初の民間人のみ地球周回飛行へ 15日打ち上げ
Reuters
小野 雅裕NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家
このフライトの歴史的意義は「初の民間人のみ」にとどまりません。初の義足の宇宙飛行士が宇宙へ行くのです!!こちらの方がはるかに重要かもしれません。 考えてみれば、宇宙飛行士が「五体満足」である必要はどこにあるでしょう?一度宇宙に行ってしまえば無重力。義足でも車椅子でも関係ない。むしろ宇宙こそ身体障がい者が一切のハンデなく活躍できる場です。 欧州宇宙機関(ESA)もパラストロノートという障がいのある宇宙飛行士の募集を始めるそうです: https://www.space.com/esa-astronaut-call-parastronauts-disabilities 歴史的には、最初の宇宙飛行士の殆どは軍人のテストパイロットでした。実際、そのころの宇宙飛行は超ハイリスクでしたから、そのような身体的超人である必要があったのでしょう。 時代はくだり、科学者や医者や政治家など、身体能力的には「一般人」も宇宙へ行くようになりましたが、「五体満足」の人に限られていました。飛行中ではなく、着陸後も何があるかわからない。実際、確かロシアで変な場所に着陸しちゃってサバイバルした、なんて事例があったような。そのような理由でしょう。 ですがさらに時代は下り、着陸時のリスクも十分に下がったならば、もはや身体障がいは宇宙飛行士の必要要件にはならなくなるでしょう。そのフライトの第一号がこれです。これを実現したSpaceXは本当に素晴らしいと思います。人類にとって真に歴史的なフライトです。成功を祈りましょう。 今秋のJAXAの宇宙飛行士の公募も、女性に加え、ぜひ身体障がい者の採用も目指してはどうかと個人的には思っています。 ちなみにその義足の宇宙飛行士とはヘイリー・アルセノーさんです。子供の頃に骨肉腫を患ったとか。
109Picks
火星の岩石に水の痕跡 生命存在した可能性高まる NASA
AFP
小野 雅裕NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家
過去の火星の地表に液体の水が存在したことに関しては、これまでの探査で動かぬ証拠が積み上がっていました。水の中でしか生成しないミネラルや岩石が見つかっているからです。例えば2004年に火星ローバー・オポチュニティは小さな球状の赤鉄鉱を発見しました。赤鉄鉱では地球上では水の存在下で生成することが知られています。(ちなみにこれ、「火星のブルーベリー」と呼ばれています。)過去のローバーが発見した地質学的、鉱物学的証拠の数はおびただしく、水の「存在」に関してはもはや願望や仮設の域ではなく科学的事実です。 いまだにわかっていないのは、地表の水が①どれだけの期間、②どれだけの量存在したか、です。もしかしたら過去の火星には地球のように海が存在し、しかもそれが数億年にわたって持続したかもしれません。ならばもしかしてそこに生命が生まれたかもしれません。Wet Mars hypothesisと呼ばれています。もっと悲観的な仮説も多くあります。例えばcold and wet hypothesisと呼ばれるもので、火星は基本的には全球凍結した氷の塊だったが、局所的・一時的に暖かった場所・時間のみ氷が溶けて液体の水が流れた、とする仮説です。いづれの仮説も、現状の観測結果と齟齬はありません。つまり、どの仮説が正しいか絞り込むには、さらなる観測が必要です。 さて、以上が前置き。今回のパーサヴィアランスの着陸地点は、オービターからの観測で、過去に湖だったと考えられるクレーターの底です。言わずもがな、水が存在した証拠があることが、この地点が選ばれた理由です。ですから水の存在がわかったこと自体は、全く驚きではありません。 問題は、このクレーターがどの程度の期間水で満たされていたか、です。オービターの観測でそれが比較的長期間であったことは示唆されていました。実際に現地の岩を観測し、それを裏付ける証拠が見つかった、というのがこの記事のニュースです。 記事タイトルは少し誤解があるかもしれません。今回の発見はこのクレーターにおける局所的なhabitability(生命の居住可能性)の問題で、火星に生命が存在したかどうかの可能性を大きく左右するものではないでしょう。「仮に過去の火星に生命が存在したならば、その証拠がこの場所で見つかる可能性が高まった」、というのが正確な解釈だと思います。
132Picks
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン