Picks
42フォロー
38276フォロワー
P&G、宇宙での洗濯を可能にする洗剤開発でNASAと提携
ITmedia NEWS
小野 雅裕NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家
へー、今まで洗濯できなかったんだ。知らなかった。まあなぜかというと技術の問題じゃなく優先順位の問題でしょう。 >ISSでは現在、洗濯ができないので、乗組員1人当たり年間160ポンド(約73キロ)の洗濯物が発生する。 とはありますが、人間ひとりが1日に必要な水、食料、酸素を合わせるとだいたい5kgほどにもなります。1年で1.5トン〜2トンくらいでしょう。洗濯できなくても服の重量はその5%。ぶっちゃけそこまでクリティカルなものではありません。ウンチは流石に再利用して食べれませんが、オシッコと二酸化炭素を飲料水と酸素に戻す方がはるかにインパクトが大きいのでまずはそちらだったわけです。 でこちらの件、P&Gの意図はもちろん宣伝効果でしょう。そういえば僕が小さい頃のなんの変哲も無い弁当の保温袋が、「NASAの技術を使用!!!」と銘打ってました、パッケージにはアポロの宇宙飛行士の絵も笑 子供心に「ほんまかいな」とは思っていましたが、宇宙が好きだったのでその弁当袋を使ってました。まあだからP&Gとしてはコマーシャルの一本でも作れれば会社としては満足なんでしょう。 でももちろん宇宙開発に役に立つことには変わりないわけで、つまりは宣伝は宇宙の技術開発をファイナンスする今一つの方法なわけです。そんなわけで僕みたいに過度にシニカルにならず、こうした宣伝目的の宇宙利用もどんどんやって行ったらいいと思います。 追記 そういえば。以前、イスラム系のアメリカ人の少年アーメッド君が教室で自作の時計を作ってたら、偏見のある教師が爆弾を作っていると通報して警察が捕まえてしまったという事件があり、アメリカ社会に大きな反響が。で、逮捕された時に彼が着てたのがNASAのTシャツ。それを見た宇宙飛行士のDaniel Taniさんが「新しいNASAシャツを送ろうか?本当に宇宙に行ったやつだぜ」とツイート。 https://twitter.com/Astro_Tani/status/644239398993727488 今から思うと、なるほど、洗濯できないから宇宙に行った宇宙飛行士は宇宙で着用した服をたくさん持っているんですね。それをこうして子どもにプレゼントしたりしていたのでしょう。その機会が減ってしまうのは、少しだけ寂しいですね。
39Picks
【山本康正】本人が語る、ベンチャーキャピタル退職の真相
NewsPicks編集部
小野 雅裕NASA Jet Propulsion Laboratory 技術者・作家
僕は全くこの件について事情を知りませんが、本を3冊ほど書かせてもらった立場からー 出版社やメディアが盛りたがる。これは間違いなく事実です。とりわけビジネス書となるとそうです。とりわけ肩書きを見せたがります。やはり日本人は肩書きに弱いのかもしれません。「MIT卒」「NASA研究者」というのをいちいちつけたがります。もちろんそれは嘘ではありませんが、はしたない表現は僕は好きではないですし、僕の職場はNASAがお墨付きを与えたかのような表現をすることに非常に敏感なので、場合と文脈によってそのような表現を避けてもらうように伝えます。特に一冊目の本の時はタイトルで出版社とかなりバトルしました。僕は頑固者なので、メインタイトルにNASAやMITなど釣りワードを入れることは断固拒否しましたが、サブタイトルは折れました。幸運にも、僕は二冊目、三冊目を担当してくれた編集者が信念のある方で、むしろ矢面に立って盛りたがる出版社と戦ってくれたりもしましたし、間に入ってくれたコルクさんも表層的な方法で作品を売るような会社ではありませんでした。巡り合わせに感謝あるのみです。 山本さんは相当なハイペースで出版されていたようですから、おそらく自分で書いたのではなくライターを使っていたのかもしれませんし、全てをチェックしていなかったというのもそうかもしれません。もしかしたら山本さんは僕ほど頑固ではなく、出版社に押し負けたのかもしれません。本人が甘かったといえばそうでしょうが、学歴詐称などとは異なり、悪意があると断言できるようなものではないのかなとも感じます。 繰り返しますが僕は全く本件の事情に疎いので、誰が正しいかどうかと断じられるような立場にはもちろんありません。ですが、もし本件でメディアが問題にすべきことがあるとすれば、それは山本さん一人の問題というより、出版業界やメディア自体の体質や慣行にあるような気がします。
752Picks
注目高まる「昆虫食」、アレルギー発症リスクも“食糧危機の救世主”に意外な危険性
ビジネスジャーナル
NORMAL