Picks
0フォロー
25フォロワー
“厚底シューズ”が高校部活動に与えた影響とは? 強豪・佐久長聖の指導者は葛藤「高校生でこんなタイムが出てしまっていいのか」
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
山田 浩平HITOWA HLDGS Inc. 経営企画担当部長/人財開発部長
私もバスケットボールの小中学生のコーチをやってたことがありますが、特に小学生の場合、私は完全に目先の結果よりもその子の将来性を考えて指導しました。 それは「全員を試合に出す」ということです。練習ではちゃんと動けてても試合では動けないことなんてザラですし、練習でシュートミスしたことと試合でシュートミスした記憶は全然違います。そういう経験を積ませることが大事。全員を出すということは、当然上手な子もそうでない子も出すわけで、試合に勝利するということへの最善の手ではありません。 この子たちの人生に、バスケットがこれからどのように関わってくるかわからないけれど、上達する喜び、試合での緊張、うまくいったこと、悔しかったこと、いろんなことを糧にしていってほしいと思いました。 こういう方針を、もちろん親御さんにも説明していました。こういう指導方針って、指導者次第だと思うんですよ。その方針に合う合わないはあっても、正解なんて無いのではないかな。育成か結果か、年齢が上がってくるとその判断はさらに難しくなってくると思いますが、それでもやはり指導者の決断と覚悟だと思うのです。
22Picks
NORMAL