Picks
263フォロー
3956フォロワー
豊岡市長選 新人関貫氏が当選
神戸新聞NEXT
守本 陽一総合診療医(専攻医)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
【タイミー小川】「マイクロ化する労働」は、新しい自由か?
NewsPicks編集部
守本 陽一総合診療医(専攻医)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
939Picks
【稲田朋美】私はもう「伝統的家族」がわからなくなった
NewsPicks編集部
守本 陽一総合診療医(専攻医)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
569Picks
豊岡に社会的処方を実現する「シェアする図書館」を作りたい! - クラウドファンディング READYFOR (レディーフォー)
readyfor.jp
守本 陽一総合診療医(専攻医)
【クラファン始めました。地域の居場所となる図書館/本屋を作ります】 3年半ほどYATAI CAFEの活動を行ってきて、病院の前、地域の中で、医師という肩書きを誇示することなく、住民の方と対話する大切さに気づきました。月1回程度でも、毎回遊びに来てくれる子どもがいたり、一緒に活動する医療福祉関係者も増えたり、立ち寄ってくれる地域住民の方に「噂の屋台ですね」と言われたり、徐々にまちに馴染んできました。ただ月1回程度の活動が限界なので、まちの居場所として常設の場を持ちたいと思うようになりました。そこで、みんなが本を持ち寄るシェア型の図書館を作って、そこにケアの情報や居場所があるという空間を作ろうと思っています。 「本と暮らしのあるところ だいかい文庫」を作ります。 話題の「社会的処方」、「地域共生的な場」にしつつ、ボランティアのみにならないようにうまく回っていく仕組みを作れればと思っています。「だいかい文庫」と名付けた空間を今年中に作るべくクラウドファンディングを始めました。普段の医師の仕事とは別に、一般社団法人を作り、活動を開始しました。医師の仕事は続けていくため、多くの方のお力添えをいただかないと活動を続けていくことはできません。「活動に参加したい」という方や「活動はできないけど応援したい」、「少しでも力になれれば」と思っている皆さんとともに作り上げることができればと考えています。 シェアやご支援いただければ嬉しいです。何卒よろしくお願いします。 https://readyfor.jp/projects/47587 ※本プロジェクトは所属元の了解を得た上で行っています。
コロナによって変わるライフスタイルと都市
キリン
守本 陽一総合診療医(専攻医)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
安倍首相は「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」 立憲議員が自民批判
J-CAST ニュース
守本 陽一総合診療医(専攻医)
他の先生方も書かれていますが、潰瘍性大腸炎は寛解(良い時)と増悪(悪い時)をいったりきたり繰り返す病気です。 安倍総理の辞任会見をすべて聞きました。「治療を開始し改善傾向であるがこのままよくなる確証がない」のが理由とのことでした。それはすべての患者にとって同じであり、医師もまた「急に具合が悪くなるリスクはあります」というほかありません。その曖昧なリスクや病状は総理の賦に落ちているのだろうか。 そして症状やリスクと付き合いながら働いてもいいよ、支えるよという社会環境ではなかっただろうか。安倍総理の潰瘍性大腸炎による辞任によって、「難病や持病を持っていたら、責任ある立場についてはいけない」という流れになってはいけないと思います。 誰もが"支え-支えられる"地域共生社会を実現するには、病気を抱えていても役割をまっとうできるような支援のある社会にしていかないとならないと思っています。 また責任が大きい立場であることと全く健康であることは一致しなくてもいいはず。欠点があっても病気があっても働けるような環境であって欲しい。それは総理大臣であっても同じことではないでしょうか。
236Picks
安倍総理の病気 潰瘍性大腸炎とは
NHKニュース
守本 陽一総合診療医(専攻医)
他の先生方も書かれていますが、潰瘍性大腸炎は寛解(良い時)と増悪(悪い時)をいったりきたり繰り返す病気です。 安倍総理の辞任会見をすべて聞きました。「治療を開始し改善傾向であるがこのままよくなる確証がない」のが理由とのことでした。それはすべての患者にとって同じであり、医師もまた「急に具合が悪くなるリスクはあります」というほかありません。その曖昧なリスクや病状は総理の賦に落ちているのだろうか。 そして症状やリスクと付き合いながら働いてもいいよ、支えるよという社会環境ではなかっただろうか。安倍総理の潰瘍性大腸炎による辞任によって、「難病や持病を持っていたら、責任ある立場についてはいけない」という流れになってはいけないと思います。 誰もが"支え-支えられる"地域共生社会を実現するには、病気を抱えていても役割をまっとうできるような支援のある社会にしていかないとならないと思っています。 また責任が大きい立場であることと全く健康であることは一致しなくてもいいはず。欠点があっても病気があっても働けるような環境であって欲しい。それは総理大臣であっても同じことではないでしょうか。
NORMAL