Picks
15フォロー
8フォロワー
【独自】学習態度・学力ばらつき「小1問題」解消、文科省が5歳児に「教育プログラム」(読売新聞オンライン)
Yahoo!ニュース
高嶋 舞行列がたえないビジネス相談所オカビズ センター長
「小1の課題」、就学前の学習態度や学力のばらつきから、小学校になじめない。これは、低年齢での教育がないことが本当に課題なのだろうか。 そもそも学習態度や学力のばらつきがあること、小学校に馴染めないのは本当に課題なんだろうか。私はそれは当たり前のことだし、それをどう好奇心につなげるのか?なのではないかと思ったりもします。もちろん、教育現場が大変な努力があることはよく理解をしていますが。 我が家は教育を受けていない公立保育園に通った上二人は小1問題に当たることはなく、過ごしています。もしくはそれを気にせずに、学校を楽しんでいます。 しかしインターの保育園に行った我が三女は、他の二人に比べて、4歳児から学習もしたし、たくさんの探求もしたし、とってもいろんなことに興味の幅を広げ、算数や国語にも取り組みました。今、1年生。幼児教育を受けたけど、日本の小学校に慣れることはできていません。学校に行くのが苦痛のようで休みがちです。ようやく今、少し慣れつつある感じ。 先生と握ったのは、とにかく新しい発見や学び、そしてその共有にはとても輝き、一方でじっとしていることやすでにできることを単調に繰り返すように指導されている時間は苦痛と感じているということ。 インターに行ったのもはそもそも、日本の右ならえの保育園が怖いと思ったから。彼女の個性を潰したくない一心でした。 では、これが日本の保育園に通っていたらどうか?彼女の特性から考えても、小1の壁に私は同じようにぶち当たったと思う。 そもそも挑戦する力、目標達成、話を聞く力という目標設定がいいのか、そして、本当にそれが、小1の目標の「読み・言葉・数」に繋がるのか? 私は思う、みんな挑戦する力はあります、そして集中力もあります、お話も聞けます。自分が楽しいと思うことなら。でもそれがとっても大事だと思う。 11ヶ月12ヶ月違う子ども達が一緒に学び合うこともあって、個人は学力のばらつきがあるのは当たり前だし、それは問題じゃないはず。でもそれが問題になっちゃうのが、きっと今の教育現場の課題なんだろうと思います。
15Picks
卒園式ですら子連れはお断り…。諦め続ける子育てって、そんな日本、悔しいじゃん。
子連れのコンサルタント高嶋 舞   「ちいさな企業の応援DAYS」
高嶋 舞行列がたえないビジネス相談所オカビズ センター長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
226Picks
一目置かれ、仕事ができる人の共通点とは?
Diamond Online
高嶋 舞行列がたえないビジネス相談所オカビズ センター長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1444Picks
NORMAL