Picks
136フォロー
13299フォロワー
謎めいた中国ファストファッションのSHEIN、すでに「デカコーン」に
Forbes JAPAN
Kenji A米系運用会社 シンガポールオフィス
2020年はコロナ禍の中で売上が倍増以上だったと聞いています。確かセコイヤの案件だったかな。 個人として試しにオーダーしてみましたが、まぁチープな服を安く売っているファストファッションECですね。布地や縫製の質は低く(柳井さんが見たら激怒するであろうレベル)、まぁ安かろう悪かろうとはまさにこのこととは思いました。 ただEC専業なので品揃えはものすごい。水着だけで7000SKU。ビジネスモデルとしては一応数日分の在庫はあるけど、ある程度消化されると縫製業社に自動発注されて補充される。不要な在庫は極力減らし、出来るだけ生産と販売がリアルタイムにマッチングされるTPSみたいなモデルになってます。(話が事実であれば)これをこの売上規模で実現出来ているのは世界でもトヨタの日本国内ぐらいだと思います。粗利率は65%。これはユニクロやZaraより高い。 個人的には問題が二つある。まずはサステイナブルではないこと。見た目はいいが、着心地は良くない服を安く売るモデルなので、大量消費・大量廃棄が前提。二つ目は成長を維持するにはより多様な需要に応える必要があり、果たしてサプライチェーンがそこに付いていけるか。今はまだ布地やボタン、ジッパーなどの種類はかなり限られる。
254Picks
NORMAL