Picks
772フォロー
58106フォロワー
実は「コスパが悪い」国公立大学ランキング…東大よりも「おトクな大学」があった!
マネー現代
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
最もコスパの悪い大学として母校が選ばれてしまいましたw ビルマ語がビジネスの需要がないという表現がありますが、物事は考えようです。ビルマ語が需要がないという記事の指摘は、数量的にみればそうですが、必要なところでは絶対に必要です。確かに学生のなかには対象にそこまで興味を持てず、先行語学を生かした就職を全員ができるわけではないということは現実です。 私が専攻したマレーシア語も英語が通じるので不要だとさんざん言われましたが、母校では東南アジア広域や新興国全般の教育、その他の言語の選択も幅広くできるます。そもそも論として、東外大の教育は、ジェネラリストというよりも、ニッチな需要が存在する地域スペシャリストとなることで価値が高まっていると思います。また、東外大はフリーランス翻訳者であったり、海外就職で日本や卒業生の統計として載りにくい人たちも多くいるので、ここに掲載された平均年収がそのままの実態だとも言えないのではないかと思われます。 また、表現を気を付けなければいけませんが、男女比が男3対女7ぐらいの大学という特殊性もあります。これまでの日本の制度では女性のキャリア形成については、様々な課題があるため、結婚や出産を機に退職したり、仕事量をセーブする昇進を見送るということも発生しています。これも平均年収という金銭的価値に影響していると思います。ただし、語学力があるがゆえにパートタイムであったり、契約ベース、フリーランス、個人事業主、起業という選択をとり活躍している女性の同窓生もおり、この語学であればこの人を置いて他にはいない、というレベルの人も少なくありません。 総量として多くはない需要の言語でも、指折りのプロフェッショナルとなれば、ほぼ独占ないしは寡占状態で途切れることなく仕事がはいるものです。 コスパという金銭的価値だけでは測れない、ニッチ分野で唯一無二の存在になるような卒業生も少なくありませんので、少々特殊な大学だと思います。 ちなみに、外大的にはビルマ語よりも、ラオスやカンボジア語の方が人数は少ないです。私が所属していたマレーシア専攻も15人定員でしたので、倍ぐらいの学生がインドネシア語やタイ語の存在感を感じたものです。 外務省では数年の一人のマレー語研修になりましたので、コスパが良いのか悪いのか・・・
52Picks
「徴用」日本企業に弁済を求めない担保が不可欠 日本政府
NHKニュース
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
本報道によれば、『日本の外務省幹部の1人は「最終盤にあることは間違いない」』とのこと。どのような落としどころを見出し、「担保」が形成されるのか。 なお、徴用工にしても、慰安婦にしても(本来、一緒には論じられませんが)、外国報道を見ていると、韓国のパブリックディプロマシーの影響を感じることがあります。問題の性質として、日本側に有利な論調を形成する、あるいは、日本としては解決済みなのだという立場に立って報じるメディアや、オピニオンは少ないことは止むを得ません。他方で、いったん、(少なくとも日本政府が)解決済みとなっている問題について、現代でも大問題だという論調を形成できた(できてしまった)、その背景は注目すべきと思います。 とある、腹を割った話のできる東南アジア某国の友人と日韓の問題について話したことがあり、「日本政府の公式見解的な話は外交的・国際法的には理解できる。それではなぜ、後になって再論されるような抜け道が残され、ここまで大きくなるまで有効な対策を日本側がとれていなかったのか」という指摘がありました。韓国側が「蒸し返している」といった批判は確かにできますが、一方で、このセンシティブな問題を「法的には解決した」とした後に、後付け的に問題化するような芽に対して対策をとってきていたのか、そんな問いが頭の中をめぐっています。
5Picks
徴用工賠償「日韓双方の寄付で肩代わり」 韓国側が解決策を最終調整
朝日新聞デジタル
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
アジア女性基金の経緯も踏まえると、現時点での合意が後の韓国の政権によって修正や否定をされないかどうか。仮に、「寄付で肩代わり」という形で決着した場合でも、将来にわたって修正がされないこと、また、将来にわたり解釈が変更されないことなどまで合意が必要と思われます。 加えて、アジア女性基金では韓国側の支援団体が後になって大きな不満を示したこともあり、今回は、事前に支援団体を始めとした世論形成をするよう、韓国側に要請する事も必要でしょう。(さらに支援団体の正義連は理事長の横領が明るみとなりガバナンスの問題も存在していた) 本報道によれば、韓国側は日韓での合意文書は交わさない韓国側の意向のようですが、文書無しで、センシティブな問題の解決が成り立つのでしょうか。今の伊政権の不人気ぶりを考えると、次の選挙では革新が有利となる可能性もあり、徴用工問題に対するスタンスを変更する可能性もあります。 そもそも、中身や文書無し合意について、日本側当局が合意するとは思えません。 また、件の韓国大法院判決については、国際法的な視点からは、下記のコンメンタリーが論点をよく整理しています。 https://jsil.jp/archives/expert/2019-8 木村先生のコラムで、韓国側の瑕疵についての指摘があり、日本政府に対する提言も示唆に富みます。 https://www.newsweekjapan.jp/kankimura/2020/08/post-14_3.php (なお、本コメントは「寄付で肩代わり」に賛成する趣旨では無く、仮にそれで日韓が合意した場合に留意すべき点という視点で書いています。また、台湾とフィリピンの女性にも償い金が届けられたアジア女性基金と、徴用工問題は、同じ土俵で比べられるものではない性質でもあります。なお、徴用工については、中国では華人労務者問題がありました。)
33Picks
Netflix、2022年に日本で最も観られた作品“100 選”発表 「新聞記者」「金魚妻」『桜のような僕の恋人』など
ORICON NEWS
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
2022年で区切ってしまうと、First Loveが入らないけど、今年の日ドラでは良作だと思う。今年は日ドラの可能性が感じられた1年。First Loveは、関係者が撮りたいものを撮れたという印象(「建築学概論」などいくつかの作品のオマージュは感じたが)。浅草キッドは面白かった。様々議論があった「六本木クラス」も言われている程ではなく、これはこれで楽しめた。 韓ドラは今年も傑作・名作揃い。敢えて5作品だけ挙げるなら、「二十五、二十一」、「私たちのブルース」、「ペーパーハウスコリア」、「私の解放日誌」。その中でも私的トップ作品とするなら、「私の解放日誌」。多くを語らない役柄のキム・ジウォンとソン・ソックが表情と雰囲気で伝える演技力が十二分に発揮され、抑制的な脚本のなかに、日常を生き抜く私たちに向けて、散りばめられた珠玉メッセージ。 「ペーパーハウスコリア」では、カンヌ出品「バーニング」の主演抜擢で注目され、「ザ・コール」ではスクリーンの向こうから視聴者を震えあがらせる怪演をし、本作ではトーキョー役だったチョン・ジョンソに注目したい。本作でも、独特な役を演じきった。(「ザ・コール」はKホラーの傑作中の傑作と思う) 「39歳」はキャスティングの妙が光り、「賢い医師生活」で実質的ドラマデビューをしたミュージカル女優のチョン・ミドがドラマでも定着しそうな実力を示した。「ウ・ヨンウ」も韓ドラ史に残る名作(多くの人が語っているので敢えて割愛)。「シスターズ」はシンガポールが度々登場。長女役のトップ女優キム・ゴウンは再論する必要がありませんが、注目したいのは「はちどり」の主演で注目度が高まり、「シスターズ」の三女イネを演じたパク・ジフ。トップ女優に上り詰めるのは時間の問題と思わせる好演。次女インギョン役のナム・ジヒョンの芯の通った役柄も印象的。 ネットフリックスではないが、アマゾンプライムビデオのMaking the Cutは面白かった。今後のシーズンには、日本人デザイナーがぜひ出て欲しい。また実践的な英語学習の素材としてもオススメ。
417Picks
NORMAL