Picks
755フォロー
57888フォロワー
【明石ガクト】『イカゲーム』にあって日本の作品にないもの
NewsPicks編集部
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
キリスト教の要素が含まれているという点は、2021年アカデミー賞作品賞にノミネートされ、ユン・ヨジョンが助演女優賞を獲得した「ミナリ」にもふんだんにちりばめられています。同作品は韓国系の移民史という話しだけでなく、キリスト教的な価値観が含まれている点に焦点をあてた評論があります。 こちらのほかに、もう一つ、聖書の出典まで遡った論評を映画評論サイトでみたのですが、みつからず。 https://eiga.com/movie/94385/review/02532219/ こちらは、韓国移民社会におけるキリスト教の重要性の視点を含めて解説したもの。 https://wired.jp/2021/03/31/minari-review-ikeda/ 他方、韓国文化に詳しい伊藤順子氏はキリスト教的要素の強調は、必ずしも国内ではプラスにならないという指摘もしています。 https://shinsho-plus.shueisha.co.jp/column/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%82%8B%E3%80%81%E9%9F%93%E5%9B%BD%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B4%A0%E9%A1%94/13786/4 また、こちらは非常に深い韓国映画評論をしているチェ・ソンウクさんによる評論で、キリスト教的要素には触れず、韓国国内の視点からの評論。 https://www.cyzowoman.com/2021/04/post_334951_1.html どの評論にも一理あり、こうした多角的で深い解釈を呼ぶところが、最近のグローバル市場に出てくる韓国映画やドラマの強みではないでしょうか。 ちなみに、私は、「イカゲーム」は、昨日のハンナさんの評論の通り韓国的要素をクリアに出しつつも、韓国だけでなく世界各地でも似たような格差などの課題があり、その共感がスマッシュヒットのベースにあると思います。「椿の花咲く頃」は逆に韓国文脈が非常に強く、国内最高峰の百想芸術大賞を受賞したことも頷けます。「イカゲーム」とは対照的に「椿」や「海街チャチャチャ」のような悪人要素がないドラマももう一つのトレンドと言えそうです(椿は若干悪人あり)。
662Picks
東南アジアでもユニコーン急増 インドを追走
日本経済新聞
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
内容自体は全くその通りだと思います。これをきっかけに、「情報の時間軸」の視点からは、ふと考えたことがあります。 東南アジアユニコーンについては、NewsPicks在籍時に2017年に中国のメガテック企業による買収や投資の話題もからめて記事を出しています。当時、蛯原さんにもご協力を頂いて書きました。 『ユニコーン争奪戦。アリババとテンセントが飲み込むアジア』 https://newspicks.com/news/2299532/ それから4年以上で日経の編集委員の本コラムが掲載され、キュレーションされるという、時間軸の意味を考えています。 以前、日本人と外国人の有識者や政府の調査部門の方と、世界的な情報伝達と認識のプロセスについてという議論をしたことがあります。10年以上と前の話しなので、修正が必要と思いますが、まだ概ね有効だと感じています。 1. まずは米国等の英語新聞や雑誌等でストレートニュースレベル、あるいは、いち早く注目している記者が一次情報に基づいた取材記事を出す。この状態がしばらく続き、アーリーアダプター的な人たちは注目し始める 2. 半年ぐらいでThe Economistなどの国際的な経済・ビジネス週刊誌が2ページぐらいの一定のインサイト記事がでる。ビジネスパーソンに広がり、各国の記者にも認識し、日本語でも記事をみかけるようになる。 3. 1から1年ぐらいで、日本語でもまとまった記事が珍しくなくなる。英語を情報源としていないビジネスパーソンの間でも、注目しなければという認識が出る。 4. 1から2年ぐらい経つと、リーダー的な立場にあるビジネスパーソンの間では、概ね常識化する、少なくとも、聞いたことあります、という段階に入る。 もう一つ。 東南アジアについては、中国やインドの「後追い」という表現が散見されます。ボリュームとしては中国やインドが大きいですが、少しミクロで、テックスタートアップの時代よりも前も含めると、先に始まっていたのは東南アジアということもあります(又は大体同じ時期)。 一人当たりGDPをみれば、シンガポール、マレーシア、タイといった国々は、中国やインドよりも先に高い段階を経験しています。ですが、ボリューム面で負けるため、より大きい中国やインドに関する情報が増え、その上で東南アジアをみたら「追随」と見えるのだと思います。
120Picks
ベトナム企業トップ25社の分析と将来予測(2021年版)
VietBiz(ベトビズ)
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
なぜ超人気?韓国ドラマ『イカゲーム』が世界中でヒットした3つの理由
Diamond Online
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
「イカゲーム」見ました。イ・ジョンジェ主演の作品はだいたいみており、トップモデルのチョン・ホヨンのドラマデビューというのが視聴理由です。 本作「イカゲーム」は、韓国的な側面は確かに見られる一方、現在放送中の「海街チャチャチャ」や、その他近年で韓国国内での最高峰とされる百想芸術賞で大賞ないしは作品賞を獲得した作品群とは対照的な印象を持ちました。同賞で最近の受賞作では、「マイディアミスター」(19年ドラマ作品賞)、「椿の花咲く頃」(20年大賞)は、東南アジアや東アジアでは共感を受けやすいと思いますが、その他の地域では社会背景や街の景色が大きく異なることもあり、グローバルにスマッシュヒットとはなりませんでした(それでも世界的にファンが多く十分にヒット作と言えると思います)。 むしろ、「イカゲーム」は、Kコンテンツにおけるde-Koreanisationの要素を感じました。遊びの内容などは韓国的なものですが、金銭に対する欲望、借金による貧困、自分をどこまで信じるか、危機的な状況であった赤の他人とどう付き合うかなどは、他国での共通要素と感じます。 ファン・ドンヒョク監督も「シンプルさが、人気の秘訣のようです。」とインタビューで言及しています。 https://news.yahoo.co.jp/articles/d0ae58b56f7808fc2ca0ed2c8227c4390dc5eef6 もし、本作が非常に韓国的色彩が強ければ、90カ国程度でトップをとったとされるスマッシュヒットにはならなかったのではと思います。 なお、本作品で注目される事象としては、チョン・ホヨンのインスタフォロワーが韓国女優としていきなりトップに躍り出たことです。「イカゲーム」前は40万人ほどでしたが、公開後はいきなりフォロワーが増え1300万人を超えています。これまで一位だったイ・ソンギョン(というのは意外でした)を超えました。いま見たら、チョン・ホヨンのインスタは1700万人を超えています。トップだと思っていたソンヘギョは1200万フォロワー。 参考記事 https://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2177910 主演のイ・ソンギョンについては、ドラマ「補佐官」(19年、シーズン1および2)と映画「新しき世界」(13年)もオススメです。
212Picks
ドゥテルテ比大統領、政界引退を表明
AFP
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
ドゥテルテ氏の動向については、フィリピンの世論調査結果が興味深いです。調査機関SWSによるもので、フィリピン政治や社会分析ではよく使われ、信頼性が高いとされます。 A)ドゥテルテ氏が22年大統領選挙に副大統領候補として立候補をする場合は憲法に違反すると考えますか、あるいは、B)副大統領として出馬すべきですか(21年6月調査) →Aが60%,Bが40%という拮抗した結果に。ただ、興味深いのは大統領再選は禁止されているものの、大統領から副大統領に立候補することは明確に禁止されていません。ですが、これを実質的な大統領二選と捉える世論が6割いると解釈出来そうです。 https://www.sws.org.ph/swsmain/artcldisppage/?artcsyscode=ART-20210927101343 また、下記の調査の通り、75%が再選禁止規定を支持しています。この結果を鑑みると、上記の副大統領出馬が実質的な大統領再選と考えて、否定的に捉える世論が多いことも頷けます。 https://www.sws.org.ph/swsmain/artcldisppage/?artcsyscode=ART-20210929134434 ドゥテルテ氏に対する満足度はこちら。多少下がりましたが、それでも60%以上を維持しています。この満足度は実質的に支持率のような使われ方をしています。(「とても満足している」+「ある程度満足している」)ー(「ある程度不満」+「とても不満」)の式で求められた数字となります。 https://www.sws.org.ph/swsmain/artcldisppage/?artcsyscode=ART-20210924093127 上記のデータをスクロールすると、歴代大統領の満足度調査の結果がでてきます。いかにドゥテルテ大統領が高い満足度を維持しているかが分かります。アキノJR政権ですら、最後は30%を切ってしまう状況でした。 ドゥテルテ氏は一番低くて17年9月48%、最高は20年11月の79%でした。17年9月は、ドゥテルテ政権を「独裁的」と批判してデモが起こっていたタイミングです。 https://www.bbc.com/japanese/41357391
65Picks
NORMAL