Picks
742フォロー
57870フォロワー
【観戦ガイド】11種目でメダル確定。金メダル1号は誰の手に
NPコミュニティチーム
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
追記:テコンドー女子49kg級でタイのパニパック選手が金を獲得。16年リオの銅から連続。チュラロンコン大学卒。https://newspicks.com/news/6042479 ーー 本日行われたウエイトリフティング女子49キロ級にて、インドネシアの選手が銅メダルを獲得しました。急速に実績を積み始めた19歳の女子選手が期待に応えての見事な結果。現地報道に付けたコメント(https://newspicks.com/news/6041958)を転記しておきます。 引き続き、東南アジア選手の活躍という視点からフォローしていきたいと思います。本日は、テコンドー女子、バドミントン女子、同男子等で予選や第一回戦から次へと駒を進めた東南アジアの選手もいます。 ーーーーー 今大会、インドネシアにとって初のメダルがもたらされました。東南アジア全体でみても初となります。ウィンディ・チャンティカ・アイサ選手が女子49Kg級重量挙げ(日本の三宅選手のカテゴリ)にて、銅メダルを獲得。まだ19歳と若い選手です。2019年の世界選手権で銀、同年東南アジア大会で金を獲得し、オリンピックに向けたメダル獲得の期待を受け、見事に実現しました。新型コロナ対策がまだまだ大変な状況の母国ですが、明るいニュースとして迎えられるでしょう。まだまだこれからのある選手ですので、今後の活躍も期待されます。 日本語での女子重量挙げ49kg級の結果はこちら。中国とインドの強豪選手まであと一歩のところでした。 https://2020.yahoo.co.jp/event/wl/genre/event-weightlifting-women-49kg/result/FNL-/detail/A00100-- インドネシアは、1952年のヘルシンキ大会以降、夏季オリンピック総計で32個のメダルを獲得しています。このメダルで33個に達しました。うち13個は重量挙げでもたらされています。重量挙げではまだ金はありませんが、バドミントンでは過去に7個の金を獲得しています。あとはアーチェリーでも銅の獲得があります。特定分野では、インドネシアはなかなか活躍しています。 今回の東京大会は、インドネシアからは28名出場。うちバトミントンが11名と最も多く、世界的な実績を残している強豪選手もおり、東京でメダルへの期待もかかっています。
126Picks
【入門】非デザイナーのための「デザインのルール」
NewsPicks編集部
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
NewsPicks在籍時には、様々なデザイナーさんと一緒に仕事をしました。だいたいこういうストーリーでとテキストや手書きの適当な絵を渡すと、しばらくして、「そう、まさにこの通り!」というラフが上がってきました。この「まさにその通り!」に頼りすぎて負担もかけていたのではないかという気もしました。私はテキスト(あるいは統計)ベースの人間ですから、違う視点で同じ情報を扱うデザイナーさんのアウトプットには感心していました。 デザイナーさんのそれぞれの視点や個性がありつつも、何を伝えるかというこだわりの強さを毎回感じました。そして、ここが私は重要だと思うのですが、グラフィックやイラストにすると、場合によっては、誤解を生んでしまったり、過度なデフォルメ化をしてしまう可能性をはらんでいます。が、その点についても率直に話し合い、どうすれば、「わかりやすいが、正確で、誤解がない、誤りのないメッセージを送れるのか」という終着点は同じところを見ていたと思います。時には、自信満々でテキストを渡したら「これ、全然わかりませんよー」という返事もあり、そこから丁寧に読み解いていく作業をし、自分の自信は本当は理解をしていなかったことに気がついたこともあります。 そして、本記事にあるような、デザイナーが非デザイナーに向けた様々な示唆は、だれでも日常的な資料作りとしてすぐに使える情報が満載です。実は、いくつかの定番ルールを守ることで、ずいぶん資料の見え方は変わるのだな、ということも、ずいぶんと学びました。そこには、特段のセンスなどは必要なく、守るべきことを守った資料作成ということがポイントとなると思います。(他方、霞ヶ関の「ポンチ絵」みたいな特殊な世界もあるのですが・・・) 加えて、とあるデザイナーさんからは、「その内容なら無理に絵にせずに、テキストでしっかり書き込んだ方がいい」という助言をもらったこともよく覚えています。なんでもスライドにしてしまいがちな昨今ですが、テキストで理路整然と書くという状況も選択肢として起きたいところです。
4865Picks
Wins Bronze, Windy Cantika Donates First Medal For Indonesia At The 2020 Olympics
VOI - Waktunya Merevolusi Pemberitaan
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
今大会、インドネシアにとって初のメダルがもたらされました。東南アジア全体でみても初となります。ウィンディ・チャンティカ・アイサ選手が女子49Kg級重量挙げ(日本の三宅選手のカテゴリ)にて、銅メダルを獲得。まだ19歳と若い選手です。2019年の世界選手権で銀、同年東南アジア大会で金を獲得し、オリンピックに向けたメダル獲得の期待を受け、見事に実現しました。新型コロナ対策がまだまだ大変な状況の母国ですが、明るいニュースとして迎えられるでしょう。まだまだこれからのある選手ですので、今後の活躍も期待されます。 日本語での女子重量挙げ49kg級の結果はこちら。中国とインドの強豪選手まであと一歩のところでした。 https://2020.yahoo.co.jp/event/wl/genre/event-weightlifting-women-49kg/result/FNL-/detail/A00100-- インドネシアは、1952年のヘルシンキ大会以降、夏季オリンピック総計で32個のメダルを獲得しています。このメダルで33個に達しました。うち13個は重量挙げでもたらされています。重量挙げではまだ金はありませんが、バドミントンでは過去に7個の金を獲得しています。あとはアーチェリーでも銅の獲得があります。特定分野では、インドネシアはなかなか活躍しています。 今回の東京大会は、インドネシアからは28名出場。うちバトミントンが11名と最も多く、世界的な実績を残している強豪選手もおり、東京でメダルへの期待もかかっています。
3Picks
「昔」を壊さず、街を作り直す 世界が注目する韓国の都市再生、ドラマのロケ地にも
朝日新聞GLOBE+
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
成川彩さんの記事はさすがの一言。相当な情報量から、伝えるべき点を選び、良い意味で抑制的にわかりやすく伝える。昨今、あふれている流行りコンテンツを紹介する量産記事のような表層的ではない、韓国社会のことを知り、研究者としても掘り下げ、韓国語を扱える人ならではの記事。 韓国ドラマは、地域に根ざした垂直型に韓国社会のローカル深いところまで入った上で、アジアで共通の水平的な視点がチラチラとちりばめられている(最近は、中国ドラマで同様に感じることがあります)。 元々、私はロケ地巡りについて関心がありませんでしたが、韓ドラにはまるようになってから、単に有名な俳優が撮影した場所という認識から、歴史的、社会的な空間としてロケ地に関心を持つようになりました。「ヴィンチェンツォ」で使用された世運商店街がある鍾路が言及されていますが、鍾路は面白い地域。あれだけの一等地にありながら、古い商店街が残っており、個人で経営している小さな食堂がひしめいていたり、零細の工場があるなど、近代的なソウルのもう一つの側面をみることができます。 まだ、さほど行けていませんが、ぜひ、行きたいと思っているのが「椿の花咲く頃」(2019年、KBS/Netflix、コン・ヒョジン主演、第56回百想芸術大賞ドラマ部門大賞)の舞台となった尚北道・浦項(ポハン)の九龍浦日本人家屋通り。なんとなく、日本の地方の古い商店街、ーそれはつまり私の幼い時代の記憶と重なるのですがー、と似ているなと思いつつ、ドラマを鑑賞していましたが、調べてみたらまさに日本人家屋でした。ここも、日本円で約19億円をかけて再開発している地域です。 この地域は、2010年頃は高齢者が中心に住むさみしい場所だったようですが、行政のリーダーシップで再生を行い、ドラマロケに使われ注目を知名度が上がりました。日本統治時代の残滓が残る街に、新たな潮流が入り込み変化してゆく。私は、そこに、昨今の日韓関係の政治的なこじれとは別次元の何かを感じます。 ちなみに、扉写真になっているドラマ「ヴィンチェンツォ」でチョン・ヨビンを知った方は、Netflix映画「楽園の夜」もぜひ。「ヴィンチェンツォ」のホン・チャヨン弁護士役とは全く違う、別人のような彼女の演技が見られます。彼女のWikipedia日本語はありませんが英語をみると、元々映画中心の女優であることがわかります。
54Picks
NORMAL