Picks
739フォロー
57813フォロワー
レアアース違法採掘が急増 ミャンマーで中国企業
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
今年のダボス会議中止、8月にシンガポールで予定 コロナ禍で
Reuters
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
シンガポールではメンタルヘルスケアについて、公的機関に対するカウンセリング相談が2020年は2019年に比べて4割も増えたというデータが出ています(末尾のURL参照)。昨年に計画されて延長されていた香港とのトラベルバブルが発表され(その後また延期が決定)、一定の移動ができるという雰囲気が出てきたところに、インド変種による感染がみられ、店内飲食禁止などの感染防止措置が再強化されました。 ダボス会議はハブ国家としての象徴的な意味合いもあり、蛯原さんのおっしゃるとおり、中止(正確には来年への延期)が発表されたことは落胆もあり、まだこの闘いは続く、もう少し我慢だ、というネット世論もあります。 一方で、声を挙げられない人たちや、失業、減収、孤独な環境で勉強をする学生などのメンタルヘルスケアが重要な懸念事項に上がっています。相談できる人は気力を振り絞れていますが、そうでない人たちが懸念されます。狭い国土で国内旅行という概念は皆無で、これまでは、近隣の国に週末に陸路、海路、LCCで安く遊びに行くなどで気晴らしも多くありましたが、そうした機会もなく1年以上が経っています。映画等は可能ですが、感染への恐れを抱く人たちは躊躇しています。 You Tube等でフードコートが賑わっているなどの動画が日本語で出回っていますが、そうした部分もあるものの、そうでない部分に関する情報は、注意深く公開情報を探し、様々な分野で活動しているシンガポーリアンや外国人と話さないと入ってきません。 また、シンガポールにはホームレスがいない、という人が結構いますが、いないのではなく、早期にシェルターに入るために気が付きにくいだけです。コロナでの失業や収入減、ステイホームによる家族との不和で数が増えています。 参考記事 メンタルヘルス https://www.straitstimes.com/singapore/more-needed-help-during-pandemic-say-mental-health-experts ホームレス https://www.straitstimes.com/singapore/community/homeless-shelters-in-singapore-mostly-full-with-100-people-on-wait-list
74Picks
IUの変化と確かな信念。「年齢シリーズ」と最新作から紐解く
CINRA.NET
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
歌詞から読み解く珠玉のIU評。是非、ご一読を。IUは本記事の通り歌でトップクラスですが、ドラマについても第一線のトップ女優の一人と言ってよいでしょう。バラエティでも評判が良いほか、なんといっても多額のお金を困難な状況にある人々の支援団体に寄付し続けていることも社会的な高評価につながっています。 すでにK-POPや韓ドラファンの方も是非ですが、NiziU、「不時着」、「梨泰院」のブームからKコンテンツファンとなった方にもぜひ。IUは「不時着」の劇中歌を歌っています。役者としての彼女の魅力は、近年の作品として「麗」「マイ・ディア・ミスター」「ホテル・デ・ルーナ」があり、とりわけ、「マイ・ディア・ミスター」は韓ドラのステレオタイプである派手さの全くない作品でありながら、じわりじわりと心に訴えかける名作でもあります。 様々な歌の歌詞には彼女が若いころ(といっても、昨日で29才とまだ若い)に苦労したことが反映されている気がしますし、何かと難しいことが多い現代社会に対してのメッセージ、ー韓国だけではなく他の国でもーを深く込めた内容になっています。 どの曲も良いのですが、個人的には最近の曲としては、Lilac、Celebrity、Eight、そしてIUを一躍スターダムへと導いたGood Day(日本語版あり)がお気に入りです。 日本でデビューもして、公式ファンクラブもありましたが、様々な状況から日本での拠点は手仕舞いしています。そのため、日本では他のKポップ歌手や俳優に比べて知名度が低く、非常に残念です。が、それと反比例するかのように韓国とアジア各地での人気は上昇。当地シンガポールのKコンテンツファンの間でもIUの知名度は非常に高く、非公式ファンクラブも存在し、ファンの間で盛んにやりとりがされています。 なお、2012年東京国際フォーラムでオーケストラをバックに実施したコンサートは、数あるコンサートのなかでも、各国のファンが未だに高い評価をしているものの一つ。おそらく、IUがオーケストラの生演奏でライブをしたというのは珍しいはずです。
5Picks
大和証券「SDGs」の大嘘
【公式】三万人のための総合情報誌『選択』- 選択出版
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【読書】経済学を学べば「資本主義」がもっとわかる
NewsPicks編集部
NewsPicks カイゼン報告 2021.05.15
NPコミュニティチーム
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
テックチームの皆さん、お疲れさまです。細かな工夫と改善の積み重ねを感じます。報告以外にも微調整が日々に加えられていると思います。 ・自分がいいね!をした記事の一覧⇒過去資産の有効活用としてプラスと感じました。 ・ポッドキャスト⇒野村さんの美声がアタリ。テック×人の良い方向 ・検討頂きたい事項:キーワード機能の進化・強化について キーワード機能について私は、長期で利用しているヘビーユーザーだと思います。現状、私がみていると、下記が拾われてきており、思うところは下記です。キーワード機能は、NPが「深堀り」メディアとしての地位を高めるために重要だと考えています。以下、難易度度外視であったらいいなを。 ①NP提携メディア:クオリティが保たれているので基本的なスタート地点。ただし、提携メディアのなかでも好みで選んで外すこともできればと思うこともあります。 ②提携メディア以外のメディア記事:大手メディア、コピペメディアなど様々。ホワイトリスト的にして拾う。ニッチな専門メディアもあるので、コミュニティの力を使いプロ・一般問わずピッカーから推薦を募る。 ③コメント:選択制へ。コメントはNPの重要な価値です。一方で、例えば、特定の事象や人物、国について、若干攻撃的な姿勢を続けてコメントするケースがあります。新規ニュースがあるなと開くとそうしたコメントが並んでいることがあります。好みがあるため選択制にできると良いと思います。 ④匿名掲示板:一律で拾う対象から外す。匿名掲示板の価値もありますが、買い込み内容の信憑性が担保されていない、偏ったスタンスの書き込みが集まりがち。クオリティメディアとしてのNPからは外して良いかと思います。いたちごっこかれませんが・・ ⑤個人ブログ:質の高い論考もあれば、アフィリエイト狙いも。可能であれば、アフィリエイト狙いと判断される記事を弾けると嬉しいです。例えば韓国ドラマの動画トライアルへの導線狙いという記事が「韓国」というキーワードでたくさんかかることがあります。 ⑥特定ピッカー×特定事項:特定ピッカーのコメントのみを拾う対象とできると嬉しい。例えば、A氏の中国関連のコメントは見逃したくない、など。 外からユーザーとして使い込むと、中にいたときには気が付かなかったことがあります。テック×人力というNPの力をフルに出して、さらなる高みへ。
110Picks
米豪、中国の経済圧力対抗で一致 日本、インドと連携
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
インドの一人当たり名目GDPは現在約2000USD。2026年には3000ドルを突破すると予想されています。 https://www.statista.com/statistics/263776/gross-domestic-product-gdp-per-capita-in-india/ そしてPWCは、2050年には購買力平価ベースの一人当たりGDPで1位が中国、2位がインドと予測しています。 https://www.pwc.com/gx/en/research-insights/economy/the-world-in-2050.html 21世紀に最初の四半世紀が中国が世界の工場からハイテクでリードする立場になりましたが、次の四半世紀はインドの台頭がはっきりと表れる25年間となるかもしれません。テクノロジーの面でも、すさまじい勢いでユニコーンが増えていますし、海外進出も進みつつあります。中国とはまたことなる成長を描く可能性があります。むろん、インドには経済格差や分権をしすぎている問題などがあり、そうした課題との折り合いをどうつけるかという現実もあります。 過去のアジア新興国を見ていると一人当たり名目GDPが3000米ドルクラスとなると、まだ課題は多いものの、一定の水準を越したとデータ的にも体感的にも感じられる部分が多くあります。インドは人口規模が大きいですから、中国と同様に「途上国」と括られているうちに、国際安全保障でいう「パワー」としての存在を確立する可能性が高いとみられます。 現時点、グローバルファイアパワーランキングでみると、インドは世界4位と米国、ロシア、インドに次ぐポジションにあります。 https://www.globalfirepower.com/countries-listing.php (ただし、人口規模がすなわち軍事力として計算されている要素など、現代の安全保障にどこまで合致しているかは議論の余地があります。インドが日本や韓国より上位ですが、仮に総力戦を行った場合、ー核兵器使用を除きー、インドが勝てるのかは大いに疑問です。) インドのプレゼンスが今後、上昇することがほぼ確実視されるなかで、インドを安全保障体制のどのように組み込んでいくかは、21世紀前半において重要な論点となっていくと予想されます。
43Picks
NORMAL