Picks
811フォロー
1421フォロワー
講談社とアマゾン、直接取引を開始へ 「異例の事態」に衝撃広がる
朝日新聞デジタル
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
666Picks
デジタル庁「デジタル社会構想会議」有識者委員に元MIT伊藤穣一氏
朝日新聞デジタル
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
346Picks
シンガポール、全企業に週1回のコロナ検査を要請 集団感染相次ぐ
朝日新聞デジタル
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
ワクチン接種が人口の8割を超えているシンガポールですが、最近はバスターミナルやショッピングモールなどで集団感染が出ています。2回接種から14日以上たった人に限れば、感染しても無症状もしくは軽症の方が99%を占めています。それでも感染者が増えると重症者も増えるため、政府が新たにブレーキを踏みにかかりました。 重点対応のひとつが検査。すでに建設業などでは現場に出る従業員に対して2週に1回の検査が求められています。これを週1回にして、対象業種も広げます。 加えて、その他の全企業に、在宅勤務ではなく事務所や現場に出る従業員1人あたり8回分の迅速抗原検査キットを配り、週1回の検査を求める方針です。8回=2カ月分で、これは2カ月間の限定措置、とのこと(少なくともいまのところは)。詳細の発表はこれからですが、政府への結果報告が求められる見込みです(おそらくですが、義務化されるか、それに近いものになるとみています)。 6日に報告された新規の国内感染は235人。前週の100人台からさらに上がってきました。感染増を受けて政府は6日、不要不急の集まりを止めるよう呼びかけました。私も取材先のみなさんに連絡し、対面取材や飲み会などの予定をいったんキャンセルしました。 コロナは風土病だとして規制を緩和したところに来た、再流行。政府はここから2週間は様子を見て、感染が減らない場合はさらなる対策を取るとしています。シンガポール版のコロナとの共生策は、まず最初の正念場を迎えているように思います。
28Picks
東京パラリンピックが閉幕 東京2020大会が全て終了
毎日新聞
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
307Picks
テニスの大坂が休養示唆 全米オープン3回戦で敗退
共同通信
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
米就業者23万人増に鈍化 8月、デルタ株拡大
共同通信
西村 宏治朝日新聞 記者(在シンガポール)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
142Picks
NORMAL