Picks
293フォロー
5271フォロワー
【今村久美】災害時に必要なのは「物資の支援」だけじゃない
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
保育や教育を行政に任せて親や周りの大人(特に父親や男性)はみて見ぬふり。ということではロクな社会にならないというのは明らかです。 感覚に過ぎませんが、私たち団塊ジュニアが育った90年代ぐらいまではそれでも社会全体が成長している実感だったり、同世代が多いことでの学校周辺コミュニティ(部活やサークル活動、地域活動)によるなんとなくの包括があった。 今は子どもも少なく、コミュニティは多様化してバラバラ、地域は高齢化、先生は業務負担が大きくてストレスフル、コロナで部活も地域活動も自粛。。。 ということで各家庭の社会資源格差が広がっているのではないかと思います。 コミュニティに所属しようと思うとお金を払って習い事や塾などに参加するなどのことが必要になります。 私の住む国立市でも学校に行かない、行けない子が微妙なライン含めてかなりいます。 教育委員会や子育て担当行政職員たちと意見交換しながら子育て支援をNPOでやっていますが かつてのように「学校に戻す」のが目的ではなく、学校に行かなくても成長の機会が提供される状態を目指すべきということは行政側も認識しています。 しかし制度的にはいろんな手続きがあって。。。 と腰は重いのが現状。 カタリバさんのような大きなNPOだけではなく、それぞれ地域の様々な団体が行政に任せっきりにならず、かと言って対立するのではなく力を発揮するときだと思います。 おそらくそれができた地域が将来に渡って子育て世代から選ばれる街となるはずです。
61Picks
【完全図解】Z世代の就活、5つの大変化
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
自分の頃を振り返っても今の学生たちの話を聞いていても 就活のミスマッチによるエネルギーロスはかなり大きいと感じます。 リクルートスーツは今でも健在で、オンラインゲームのようにエントリーしまくって 親の的外れな期待も感じつつ 就活用の志望動機を考えているうちに、どこに向かって進んでいるのか迷子になってしまう。 受験に慣れているみなさんほど上昇志向的な就活の方が楽しくやりがいを感じやすいのかもですが 採る側も採られる側も疑心暗鬼になりながらの丁々発止よりも、結婚相談所的にお互いの良きご縁を取りまとめる仲介者がいて紹介し合うみたいな方がもっと社会的にも経済的にも価値のあることを生み出せるような気がしてなりません。 ちなみに大学1年生のときに私のところにやってきて「ゲストハウスをやりたい」と言って実際に立ち上げた一橋大生女子は 今年卒業ですが、就職せずにバイトしていた地元のスナックを買い取って「大ママ」として起業することになりました。 ご両親も今は応援してくれているようで、 地域の大人たちもめちゃ楽しみにしています。彼女のような囚われない生き様に周囲の大学生たちも感化されていくといいなと思います。
1546Picks
化学農薬半減「50年では遅い」、料理評論家の服部幸應さんが鳴らす警鐘
ニュースイッチ
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
そもそも化学農薬は厳しい安全性の基準をクリアして認可されているもので、無農薬あるいは生物由来農薬の方が人体への悪影響が少ないという根拠はどこにもありません。 服部さんがおっしゃっているのは「ヨーロッパはもっと厳しい」ということだけです。 ご本人も触れていますが温暖湿潤な日本とヨーロッパでは気候や生態系が違いすぎる。 この手の話が出たときにいつも言っているのは 「日本は統計上、世界一乳幼児死亡率が低く、平均寿命の長さも最高ということはつまり日本は人類史上かつてない健康な食が実現できていると判断すべきじゃないか?」ということです。 日本の有機農業比率は全体の0.2%に過ぎません。 我々の安全な食環境は農薬と化学肥料を適正に使う農業によって守られています。 みどりの食糧システム戦略については 農林水産省の担当者に正式にインタビューしましたが もちろん彼らも安全安心の観点から有機農業推進、と言っているわけではなく 脱炭素の観点から輸入資材に頼る農業からの脱却というのが本丸のようです。 ちなみに私自身は有機農業をJAS有機基準で実践していました。 今は化学肥料も農薬も使いますが、水田についてはスタッフの意向で無農薬、肥料も自家製のものしか使っていません。 その意義自体は安全安心とは別の観点であると思っています。
124Picks
【諸藤周平】ほとんどの起業は「勝ちパターン」が決まっている
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
働くことと生きることの相互補完的な充実度を得ようとするならば 大きく勝つことよりも大きく負けないことの方が確かに大事。 仕事のために家族が犠牲になったり、大事な仲間と絶縁したりということはなるべく避けたい。 長い関係性においてはいい時も悪い時もあって当然で、それにあまり右往左往せずに 低空であっても飛び続けることを私は意識しています。 そんな本を書いたら、事業をやっている友人に「なるほどプロペラ機ね」 と言われたのですが、「いや紙飛行機ぐらいの落ちても壊れず、風が吹けばまた飛ぶぐらいの感じ」 と答えたら「それは起業と言えるのか?」と笑われました。 そもそも、私は起業などに興味なく 勤めていた会社をクビになって、しかし顧客もいるので事業は続けなければならず仕方なく独立したような人間です。 なので、同じように起業というよりも、何か実現させたいけどそんなに欲が強いわけでもない 人たち(特に子育て中の女性とか)のお手伝いをしているうちに組合組織みたいなNPO団体が徐々に膨らんでいきました。 栄枯盛衰のスパンがどんどん短くなる世の中で 農的資源を活かした子育て支援と体験型観光の分野で 墜落しても壊れず仲間とともに生き延びようと思います。
511Picks
就農者に1千万円の一括支援 初期負担軽く、担い手育成
共同通信
【諸藤周平】私たちを駆動する「ライフミッション」の紡ぎ方
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
2000年代初頭に「真剣10代しゃべり場」というNHK教育の番組をディレクターとして作っていましたが 出演希望者や、出演者の「なりたい自分像」と現実の自分とのギャップで空回りしまくっている皆さんの話を何百人と毎日聞いているうちに 当時まだ20代半ばだった自分の空回り感が補正されて行ったことを思い出しました。 「本当の自分」を探そうともがく「自分探し系」は若気の至りとして 特に社会生活においては疎まれがちです。 本質を求めて悶々とするよりも 人に役にたてるスキルを磨くほうが即戦力にもなるし、 むしろ薄っぺらい「なりたい自分像」を書き換えて「必要とされ尊重される自分」を獲得しやすいからです。 しかし、起業においてはその「本当にやりたいこと」の掘り下げこそが大事 というのは、確かにと思う点もあります。 人生は意外長いスパンで物事を考えられるし、世の中の状況変化も以前より加速していると感じられる中で その都度世のニーズに合わせて右往左往するよりも ブレないモチベーションを保てるほうが勝率も上がるとも考えられます。 これからまた「自分探し系」は大人のミッションとして見直されブームとなるのかもしれません。
186Picks
【諸藤周平】創業者で終わらない事業を、どうつくるか?
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
代々継がれているという点では日本においては農業に勝る実績のある業種はすくないでしょう。 中央線沿線の江戸初期に開墾された比較的新しい農地であっても14代、多摩川沿いや中山間地になるとさらに長い代替わりを経てきています。30代、40代の後継者が元気にやっているところは、親が早く亡くなられていたり、あるいは親の代が代替わりを強く意識して任せているところが多いです。 周りの農家を見ると高齢化で親が経営主導権を持ったまま息子が60歳前後で初めて経営権握れるという例も多く、これは弊害が多いなと感じます。 そもそも江戸時代とかは平均年齢が40歳ぐらいだったので自動的に働き盛りで代替わりができていたのでしょう。 今はまだ農家経営の在り方が人生80年時代に追い付いていないように思います。  私自身は、自分の代で農業を始めていますがそういうケースは稀です。 ここ20年ぐらいで制度が変わり随分と増えた新規就農者たちが作り上げた「農地」や「農業技術」という資産をどのように次の代に継承するのか? これは例も少なく今のところ未知数です。 農業法人もしかりですがどうしても土地と人が紐づいてしまうにで、それを赤の他人に引き継ぐうえでは様々な問題が生じがちです。 ついでしまうと自分の居場所も仕事も無くなってしまうからです。 私は間もなく47歳ですが、NPOとして借りている農地は30歳の後継者にすでに任せています。 諸藤さんのおっしゃる通り、次世代にとっても共通の課題である「地域の子育て」「地域のセーフティネット」という役割をコミュニティ農園という形で農地に持たせることができたので彼もその気になってくれたのだと思います。 視座を高く、みたくないものを意識する。 そして引き継ぐことも大事ですが、意外に長い人生かもしれない自分自身の居場所、役割をどこに位置付けるのかも大事です。 諸藤さんの新しい取り組みがご本人の地元周辺ではじまっているというのはそのあたりと深い関係があるように思います。
242Picks
世界で盛り上がるフードテック、サステナブル都市型農業の最先端 コロナ禍で注目が高まる「屋上農園」と「垂直農法」
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
日本においては東京23区のうち11区に江戸時代からつづく農地が農村文化とともに残っており、その面積は23区総面積の0.9%にあたります。 西側の多摩地域となれば自治体面積の5〜10% かなり活用できる農地があるということです。最近少しづつ注目されてきていますが少なくとも東京において生産面で重要なのは屋上やビル内農業ではなく既存の生産性の高い農地の活用でしょう。 一方でコミュニティ造成や都市緑化の観点での屋上農菜園や空地利用は渋谷区などで進んでいます。 一番大きなところではエビスガーデンプレイスのサッポロビール本社前の200平米。 アーバンファーマーズクラブというNPOが野菜作り講座やコミュニティ活動に使っています。 都心においてこうした畑の獣害はなかなかなもので、ネズミ、カラス、最近はハクビシンの被害も珍しくありません。 厳密な施設栽培にすれば獣害はある程度防げるかもですが(ビニールハウス程度であればネズミは入り込んでしまいます)日本ぐらいの湿潤だと病害虫の繁殖は露地栽培以上に深刻になりがちで、農薬の日常使用は避けられないでしょう。 施設栽培すれば工場のように野菜が生産できるかというとそんな簡単なことではないので、技術開発自体は面白いと思います。 また、水資源が極度に不足している、あるいは猛暑、酷寒の地であればサラダ野菜などは栽培が難しいので屋内農業にも価値がありますが 日本においては無用です。庭やプランターで育てても野菜はちゃんと育ちますので、設備投資は不要です。 屋上も垂直も 農業生産全体で見ればごくごく小さな影響しか持たないと思いますので サステナブルの観点で注目されることについては違和感しかありません。ただ、何故かアメリカなどでは投資が集まっているようなので 都市で暮らしている人にとってなんとなく目新しく感じているだけのことだと理解しています。
263Picks
【問題】GDPが増えても、なぜ私たちは幸せになれないのか?
NewsPicks編集部
小野 淳㈱農天気 食と農のプチ起業
2020年 日本は1899年以来最低の出生数を記録(84万1千)婚姻数も戦後最少を記録(52万5千組) 人類史上例をみない少子高齢化不可避ななか ローカルでどんなことができるのか日々試行錯誤しています。 「0〜12歳 田畑とつながる子育て支援」という地域事業を2013年から続けています 最初はまさに赤ちゃんや幼児がいる主に母親たちが農園を運営しながら、子育ても楽しくお互い様で、事業に取り組むことで社会との接点を大事にするというコミュニティ活動でした。 それから8年経って、子どもの成長につれ、それぞれ事業を立ち上げるなどして、行政からの子育て支援事業の受託や学習支援、放課後畑クラブ、生活課題世帯のサポート、認定こども園の運営などずいぶんと事業が広がりました。 それによって「みんなで子育て」がずいぶんと定着していったように思う一方 組織化の課題、特に賃金や労務管理をどのように整えるのかという問題に直面しています。 「みんなで子育て」して稼げている人がいない状態では対価は賃金ではないので純粋にやりがいを価値としてコミュニティを作っていけますが 仕事として対価をいただく子育て支援は、何をもって仕事の成果とするか評価も難しく、 事業によって賃金格差が出てくると、互いの仕事の仕方にもいろいろ思うところもあり、不満が出やすくなります。 みんなで子育ては強くてしなやかなコミュニティ作りが不可欠ですが、コミュニティを持続させるためのお金の使い方は なかなか難しいなと思うところです。ドライにやりすぎてしまうとコミュニティ的なものは崩れ去ってしまいます。 そして、同時に私を含めて世の男たちが「金さえ稼いでいれば子どものことは母親がなんとかするべき」 という観点で、子どもを真に大事にしてこなかったツケが圧倒的な少子化を招いているなとつくづく思います。
744Picks
NORMAL