Picks
64フォロー
6448フォロワー
ビリーズブートキャンプが人気再燃、復活を仕掛けたスタートアップの奮闘
Diamond Online
竹下 雄真DeportareClub FOUNDER,OWNER and CEO/Personal Trainer
4月13日から始めたオンラインパーソナルトレーニングは本日で2週間になります。 これが想像以上にご好評を得ており、既に通常時の7、8割のご予約をいただいています。 会員様からは、「生活のリズムが整う」「リフレッシュして、頭がクリアになる」「1人ではやらないので、約束してやることが大事だと感じた」など、たくさんのお声を寄せていただいています。またプロ野球選手、Bリーガー、Jリーガー、さらには欧州で活躍するサッカー選手からも、「強度も予想以上にあり、良いトレーニングができた」と喜んでいただいています。 実際に運動不足は糖尿病や高血圧といった基礎疾患の悪化のみならず、メンタルへの影響も強く受けます。 ですから、やらないよりやった方が良いのは明らかです。 しかし、このオンラインパーソナルトレーニングをやってみてわかったことは、オンラインはオフラインと違ったスキルが必要であるということです。 ジム器具のみに頼ったトレーニングでしか運動処方できなければ、オンラインは難しいでしょう。 幸いにして我々デポルターレクラブのパーソナルトレーナーたちは、日頃からトップアスリートのトレーニングサポートをしているので、トレーニングメニューの引き出しが圧倒的に違います。また平常時から、遠く離れた欧州のサッカー選手達に遠隔でトレーニングサポートをしていたことも大きかったですし、何より日頃から会員様との信頼関係を築けていたことが、オンラインに即座に対応できた要因だと思っています。 さらに嬉しいことに、NYなど海外に転勤された元会員様や、会員様と離れて暮らしているご家族の皆さまも同時にオンラインをご利用いただくなど、新たな価値を見出すことができました。 結局、大事なのはヒトであり繋がりですね。
190Picks
4月末まで感染拡大は続く。夏には半数が仕事に戻れるが、秋の第2波に注意…モルガン・スタンレーが予測
Business Insider Japan
竹下 雄真DeportareClub FOUNDER,OWNER and CEO/Personal Trainer
陰謀論や楽観論ではなく、この予測は100年前のスペイン風邪に基づいているのかもしれません。スペイン風邪は100年前の1918年9月に起きたもので、世界人口が約20億人の時に、約5億人が感染し、約1億人死亡。 日本でも当時人口が約5500万人の時に約39万人死亡。 そして、興味深いのはスペイン風邪の第一波はスペインではなくアメリカのデトロイトで1918年9月に始まり、世界的に蔓延する第二波は、1919年3月に始まりました。 そして第三波は1920年9月から1921年3月に終息しました。 今回の新型コロナウイルスは、中国の武漢で始まったのが中国政府の隠蔽期間を考えると、2019年9月から始まり、欧州や米国など世界的に蔓延したのが2020年3月と、今のところは同じ軌跡を辿っています。 これからどこまで短縮できるかは、医療やサイエンス、テクノロジーや民度にかかっていますが、世界人口は当時と比べて約4倍の80億人、しかもグローバル社会で移動も劇的に増えたことを考えると、やはり完全終息にはこの見立ての通り来年の春までが妥当と思います。今回の件で、人や国の"在り方"が浮き彫りになり、人類は新たな世界を迎えるでしょう。と、ちょっと陰謀論風になりましたが、心身の健康を整えて必ず生き残り、新たな世界を楽しみましょう!最後は楽観論。
21Picks
コロナでKFC・マックが見せた「底力」、外食の明暗分かれる
Diamond Online
竹下 雄真DeportareClub FOUNDER,OWNER and CEO/Personal Trainer
WHOも言ってますが、今は免疫を高める食事をしないといけません。 健康のための8つの食養生。 ①「腹七分目を心がける」ゆっくりよく噛んで、消化酵素をたっぷり出し、消化・吸収・代謝アップ。長寿(サーチュイン)遺伝子をONにするように、満腹まで食べない。 ②「糖質は控え、糖化を防ぐ」食品は白より茶色。調理法は焦がさず、おかず中心の食事に。食べる順番も意識する。 ③「タンパク質をしっかりとる」体・ホルモン・酵素の材料になるタンパク質を肉や魚などからしっかりとる。 ④「質の良い油と、添加物の入っていない調味料を選ぶ」オメガ3(α-リノレン酸など)、オメガ9(オレイン酸など)をとり、リノール酸やトランス脂肪酸は控える。 ⑤「腸内環境を整え、栄養たっぷり免疫力アップ」腸内のカビを増やしたり、腸内の穴を開けたり、炎症を起こしたりする小麦製品や乳製品、卵を控える。 ⑥「抗酸化食材を摂取して酸化を防ぐ」野菜・果物に含まれるフィトケミカルを上手にとる。色とりどりの旬のものを食べる。 ⑦「食物酵素をしっかりとる」消化・分解を助けてくれる食物酵素をたっぷり含む生野菜や、酵素の働きを高める発酵食品を意識してとる。 ⑧「水を十分に摂取する」飲み物は水やお茶を中心に、できるだけカフェインの入っていないものを。市販飲料の果汁・炭酸飲料・ジュース類・スポーツ飲料は控える。
471Picks
NORMAL