Picks
23フォロー
49フォロワー
サーフィン男子、五十嵐が「銀」 新競技で世界トップの実力発揮
共同通信
Miyazaki DaisukeUnite Scene & Co.,Ltd Technical profession
今日のコンディションは完全にクローズ。 普通なら波乗りしません。 なんで日時や場所を変更せずに一気にスケジュールを詰め込んだのか理解できない。 サーフィンは他の競技と違ってコートやグラウンドの様に整備など出来ないしうねりの向き、風、タイド、ボトムの地形によって大きく変化します。 千葉でも場所を変更すれば風、うねり、地形含めてもっと良いコンディションのポイントはありました。 それを重要視しない開催にはいちサーファーとして不満あり。 ただ、WCTや日本のJPSAでも独創的な技やエアーが点数に評価されない流れが時代と共に加点される様になり体格やパワーで劣る日本人サーファー女性サーファーにも良い風が吹いてきた。 ちなみに今回エントリーした日本人選手はハワイなどベースは日本以外です。若い頃から世界に出て良い環境で良いコーチングの元でつんだスキルが結果に出て来たと思います。 長年、世界で結果が出せなかった日本のサーフィンがメダルを取れたのは大きな一歩です! サーフィン、スケートボードもサブカルチャーのイメージが強い日本ですが海外のニュース番組などはスポーツのトップで野球やサッカーの様に報道します。 日本も変わると良い。 WCTは最高のコンディションで最高のサーファーがタイトルを争うリーグ。 五十嵐カノアにはワールドチャンピオンを獲得して欲しい!
174Picks
東南アジア各国、感染拡大 デルタ株流行、ワクチン接種進まず
産経ニュース
NORMAL