Picks
676フォロー
2908フォロワー
マスクを着けたら別人格 人生を大逆転させたプロレスラーの話
朝日新聞GLOBE+
木野内 敬XLeap CEO / アイリス株式会社
実は、私もプロレスのマスクの職人です。中学生時代に、タイガーマスクの本人納めのマスクを作っていたOJISAN企画で下請けをしており、タイガーマスク、ザ・タイガー、スーパータイガーのマスクを何十枚か作って、アルバイト代を貰っていました。昨年、マスク製作の趣味を再開し、工業用ミシンも再購入しました。ITの技術も活用することで、再現度はかなり高くなっています。興味ある方は、プロフィールに書いてあるメールアドレスに連絡ください。 メキシコがプロレスマスクでは有名で、いわば元祖みたいなものですが、日本のマスクは、タイガーマスクが登場してから、大きく進化して、技術的には世界をリードしていますね。構造的にはライガーを超えるものは誰もやりたがらないですが。。。 安田さんが書いておられるように、プロレスのマスクは、芸術品の域にあり、デザインの素晴らしさや職人の腕も楽しめるもので、古坂大魔王さんやクリームシチューの有田さんやケンコバさんもコレクターですよね。 私も今年タイガーマスクデビュー40周年ということもあり、何か、プロレスマスクの世界に貢献することを考えています。お楽しみに~。
59Picks
「Xperia PRO」ついに発売、SIMフリーで2月10日から 税込25万円
Engadget 日本版
木野内 敬XLeap CEO / アイリス株式会社
最近のXperiaはクリエーターに向けて企画、開発されており、一般人はターゲットではないものの、一部のXperiaファンには堪らない魅力あるスマホになっていた。このXperia PROは更にそのコンセプトを推し進めており、一般人は全く相手にしていない。 そもそもスマホという何でも出来る端末とクリエーターは果たしてマッチしているのか、例えば、クリエーターの多くはiPhoneユーザーであるが、わざわざ、クリエーター向きだからといって、Xperiaを購入するか、そこが戦略上の疑問であり、かなりニッチだと思っていた。 今回のXperia PROの想定利用シーンを見ると、iPhoneユーザーであっても他社androidユーザーであっても関係が無く使うという想定であることが分かる。これは主に映像制作者が、会社の経費で購入するスマホになっていて、個人でももちろん使えるが、共有しても使えるスマホだと言える。静止画や動画の撮影時の外部モニターとして、カメラの大容量データをリアルタイムまたは後から送信するのに5Gを使うと言う想定である。なので、価格は高くても良い。ただ、これを売るなら、ネットワークが3大キャリアと完璧に繋がってこそ価値が出てくるので、早く対応しないと駄目なのでしょう。繰り返し言うが、Xperia PROは、一般ユーザーはほぼ相手にしていないスマホで、普段iPhoneや他社Androidを使っていても、2台目または会社経費で購入する映像制作会社の社員やクリエーター向けのスマホなのである。
175Picks
お米が減ったら自動でAmazonに発注かけてくれる炊飯器が登場
ギズモード・ジャパン
NORMAL