Picks
172フォロー
17241フォロワー
水素エンジン車、耐久レース完走 世界初、トヨタ量産に向け始動
共同通信
清水 和夫Automobile Jurnalist http://www.startyourengines.net/
モリゾウさんチームの水素エンジンカローラで24時間レース完走、色々な困難があったことは想像に難くないと思います。カーボンを含まない水素でモータースポーツが楽しめるということは、カーボンニュートラルの新しい文化の1ページを刻みました。水素エンジンは2000年頃にBMWがV型12気筒で実用化を目指し、日本でもお披露目しました。しかし、水素エンジンといえばマツダのロータリーがもっとも現実的だと思います。RX8の水素ロータリーは日本やノルウェで何度か走ったことがあります。  ところで、水素エンジンといえば、私の母校である武蔵工業大学(現在の東京都市大学)の古浜先生が先駆者です。大学生のころ(70年代前半)、学校の構内で水素エンジンを積んだクルマが「プスン、プスン」とノッキングを出しながら走っていたことを思いだします。いまから半世紀前のことですが、子供心に「将来は水素で走って、テールパイプから水を出すクルマが来るんだ」と思いました。  今回のトヨタの水素チャレンジは単なるお遊びではなくカーボンニュートラルに対する一つの可能性を示したわけで、カーボンニュートラル=EVという単純な考えに異を唱えたことになります。それをレースでプロモーションするところがモリゾウさんらしいですね。  このような取り組みはドイツが得意で気体燃料のレースでは2009年にVWがCNG車(天然ガス=メタンCH4)でニュルブルクリンク24時間に参戦したことがありました。VW社の技術部門のトップだったハッケンベルグ博士も、実際にハンドルを握って走っていました。そのとき私も同じレースにSUBARUを走らせていたので、記憶に新しいです。https://response.jp/article/2010/04/19/139337.html いずれにしても、水素を燃やす内燃エンジンあるいは水素から合成燃料を作って燃やす内燃エンジン。カーボンニュートラルの道筋はいくつもありそうです。科学技術の多様性を追求することこそが、自動車業界には必要なのでバッテリーEVだけをおいかけても課題解決にはならないと思います。 水素関連では6/2に水素シンポジウムを開催します。柏木先生と黒崎先生がご登壇します。 https://www.sc-abeam.com/news/article/20210518-1/
220Picks
NORMAL