Picks
1524フォロー
12547フォロワー
自動車業界に「電気ショック」 構造改革で先行くGM
日本経済新聞
神領 貢ニューモデルマガジンX 編集長
米国と中国の両市場だけで世界の自動車販売の半分以上を占めます。当然、ここで勝負しようとするGMの戦略は電動化シフトでしょう。 日本メーカー、とりわけトヨタ、ホンダ、日産の上位3社は米中市場での結果が業績全体を左右します。そこはGMと同じです。 内燃機関やハイブリッドをやり続けていては、経営資源を電動化投資に集中できないと筆者は感じているようですが、ただし私はもう少し俯瞰して考える必要があると思います。 かねてトヨタが主張しているようにハイブリッドや燃料電池技術はピュア電気自動車技術と流れを同じくするものです。 自動化、繋がる化での技術革新も大切ですし、そのための業界内外との協業やグループ化も大切です。さらに電動化につきまとう充電と再生可能エネルギー開発などのインフラ問題、これからクルマを求める市場への対応、各国の政治問題など、バランスの取れた戦略が必要です。 GMは一連の経営危機から選択と集中を急ぎました。それはそれで米中メインの方針だから構わないと思います。 一方で日本はモーター車に大きく舵を切るメーカーは今のところありません。2030年頃までには電動化に対応するため、トヨタ、ホンダ、日産はそれぞれのグループの中で個社が役割分担することにはなると思います。がんばれ!日本メーカー。
10Picks
NORMAL