Picks
1533フォロー
12586フォロワー
GM、自動運転の試験走行距離で初の首位 IT大手を猛追
日本経済新聞
神領 貢ニューモデルマガジンX 編集長
GMが次代の活路をピュア電気自動車や完全自動運転に求めている。これはCESでも経営トップが発表した通りです。その結果として実験走行距離でIT業界に割って入った。GMの思い切りが吉と出るか否かはなんとも言えません。 技術をモノにし、市場の成長の波にうまく乗れれば、GMは既存の自動車メーカーの中で優位に立てるのでしょう。 コメント欄で多くの方が「日本メーカーは遅れている」と言っているようですが、私は負け惜しみではなく、必ずしもそうは思いません。 まず技術開発に多額のキャッシュがいる。 欧州とアメリカ沿岸部以外では、充電インフラ普及に時間がかかる。 再生可能エネルギー整備にも時間がかかる。 何よりガソリン車を凌駕する走行距離、短い充電時間、コストを獲得するにはまだまだ時間がかかる。 ピュア電気自動車に舵を切ったかにみえた世界最大の中国市場でさえ、ハイブリッド車を電動車として優遇せざるを得ませんでした。 細かいことは書きませんが、トヨタはもう少ししたたかです。ホンダ、日産の両社も生き残りのために必死で対応策を模索しています。日産がなぜルノーとアライアンスを組んでいるのか、ホンダがGMとの間合いを詰めているのはなぜか。 日本のビッグ3はIT企業との連携も進めていますね。自動運転時代において、人間で言う「脳」の部分で相当程度、異業種分野の人たちにシェアを取られる可能性はあります。一方で制御や作動の面では、彼らもレガシィメーカーの知見を求めています。 「脳」だけでは身体は動きません。競争に負けていいと考える経営者は一人もいません。危機感を煽られずとも、自動車業界は必死に考え行動しています。危機感を煽る人たちは本当に自動車業界を取材しているのかな?
135Picks
EV化で塗り替わる業界地図 150兆円争奪戦
日本経済新聞
NORMAL