Picks
412フォロー
5639フォロワー
【水口貴文】ロエベのリブランディングとマーケティング
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
スターバックス コーヒー ジャパンCEO・水口貴文氏の連載第5回です。 --- 1971年に米シアトルで産声を上げたスターバックスは、96年に日本に上陸。東京・銀座に1号店をオープンしてから今年で25年を迎える。現在、全国に1628店(2020年12月現在)を展開し、約4万人のパートナー(従業員)が働く。 水口貴文氏は、ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEOを経て、2016年6月、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOに就任。ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスの経験も豊富だ。 外資系トップにふさわしく輝かしい経歴の持ち主だが、34歳のとき、傾きつつあった家業の靴製造卸の立て直しに奮闘し、他社に譲渡した経験も持つ。決して平坦な道のりではなかった水口氏の経営者としての軌跡を振り返る。(全7回) ■第1回 スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス ■第2回 諦めなければ、いつかどこかで成功する ■第3回 会社は社員に成長の機会を提供する責任がある ■第4回 ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ ■第5回 ロエベのリブランディングとマーケティング ■第6回 経営者として大切にしている「2つのこと」 ■第7回 聞いて、質問して、一緒に成長する
240Picks
【水口貴文】ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
スターバックス コーヒー ジャパンCEO・水口貴文氏の連載第4回です。 --- 1971年に米シアトルで産声を上げたスターバックスは、96年に日本に上陸。東京・銀座に1号店をオープンしてから今年で25年を迎える。現在、全国に1628店(2020年12月現在)を展開し、約4万人のパートナー(従業員)が働く。 水口貴文氏は、ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEOを経て、2016年6月、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOに就任。ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスの経験も豊富だ。 外資系トップにふさわしく輝かしい経歴の持ち主だが、34歳のとき、傾きつつあった家業の靴製造卸の立て直しに奮闘し、他社に譲渡した経験も持つ。決して平坦な道のりではなかった水口氏の経営者としての軌跡を振り返る。(全7回) ■第1回 スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス ■第2回 諦めなければ、いつかどこかで成功する ■第3回 会社は社員に成長の機会を提供する責任がある ■第4回 ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ ■第5回 ロエベのリブランディングとマーケティング ■第6回 経営者として大切にしている「2つのこと」 ■第7回 聞いて、質問して、一緒に成長する
274Picks
【水口貴文】会社は社員に成長の機会を提供する責任がある
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
スターバックス コーヒー ジャパンCEO・水口貴文氏の連載第3回です。 --- 1971年に米シアトルで産声を上げたスターバックスは、96年に日本に上陸。東京・銀座に1号店をオープンしてから今年で25年を迎える。現在、全国に1628店(2020年12月現在)を展開し、約4万人のパートナー(従業員)が働く。 水口貴文氏は、ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEOを経て、2016年6月、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOに就任。ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスの経験も豊富だ。 外資系トップにふさわしく輝かしい経歴の持ち主だが、34歳のとき、傾きつつあった家業の靴製造卸の立て直しに奮闘し、他社に譲渡した経験も持つ。決して平坦な道のりではなかった水口氏の経営者としての軌跡を振り返る。(全7回) ■第1回 スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス ■第2回 諦めなければ、いつかどこかで成功する ■第3回 会社は社員に成長の機会を提供する責任がある ■第4回 ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ ■第5回 ロエベのリブランディングとマーケティング ■第6回 経営者として大切にしている「2つのこと」 ■第7回 聞いて、質問して、一緒に成長する
393Picks
【水口貴文】諦めなければ、いつかどこかで成功する
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
スターバックス コーヒー ジャパンCEO・水口貴文氏の連載第2回です。 --- 1971年に米シアトルで産声を上げたスターバックスは、96年に日本に上陸。東京・銀座に1号店をオープンしてから今年で25年を迎える。現在、全国に1628店(2020年12月現在)を展開し、約4万人のパートナー(従業員)が働く。 水口貴文氏は、ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEOを経て、2016年6月、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOに就任。ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスの経験も豊富だ。 外資系トップにふさわしく輝かしい経歴の持ち主だが、34歳のとき、傾きつつあった家業の靴製造卸の立て直しに奮闘し、他社に譲渡した経験も持つ。決して平坦な道のりではなかった水口氏の経営者としての軌跡を振り返る。(全7回) ■第1回 スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス ■第2回 諦めなければ、いつかどこかで成功する ■第3回 会社は社員に成長の機会を提供する責任がある ■第4回 ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ ■第5回 ロエベのリブランディングとマーケティング ■第6回 経営者として大切にしている「2つのこと」 ■第7回 聞いて、質問して、一緒に成長する
331Picks
【水口貴文】スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
スターバックス コーヒー ジャパンCEO・水口貴文氏の連載を本日からスタートします。 --- 1971年に米シアトルで産声を上げたスターバックスは、96年に日本に上陸。東京・銀座に1号店をオープンしてから今年で25年を迎える。現在、全国に1628店(2020年12月現在)を展開し、約4万人のパートナー(従業員)が働く。 水口貴文氏は、ルイ・ヴィトン ジャパンカンパニー副社長、ロエベ ジャパン カンパニー プレジデント&CEOを経て、2016年6月、スターバックス コーヒー ジャパンのCEOに就任。ブランドビジネスに造詣が深く、グローバルビジネスの経験も豊富だ。 外資系トップにふさわしく輝かしい経歴の持ち主だが、34歳のとき、傾きつつあった家業の靴製造卸の立て直しに奮闘し、他社に譲渡した経験も持つ。決して平坦な道のりではなかった水口氏の経営者としての軌跡を振り返る。(全7回) ■第1回 スターバックスCEOが学んできたブランドビジネス ■第2回 諦めなければ、いつかどこかで成功する ■第3回 会社は社員に成長の機会を提供する責任がある ■第4回 ルイ・ヴィトンはブランドの学校だ ■第5回 ロエベのリブランディングとマーケティング ■第6回 経営者として大切にしている「2つのこと」 ■第7回 聞いて、質問して、一緒に成長する
1042Picks
【小島武仁】スタンフォードから東大に夫婦で移籍した事情
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載第7回(最終回)です。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍した事情
240Picks
【小島武仁】ノーベル経済学賞への野望
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載第6回です。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍できた事情
191Picks
【新番組】NP記者が噂の企業をガチ取材『デューデリだん!』
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
223Picks
【小島武仁】アイデアを生み出す3つの秘訣
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載第5回です。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍できた事情
281Picks
【小島武仁】アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載第4回です。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍できた事情
214Picks
【小島武仁】「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載第3回です。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍できた事情
212Picks
【小島武仁】数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載第2回です。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍できた事情
316Picks
【小島武仁】天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える
NewsPicks編集部
上田 真緒NewsPicks エディター
経済学者・小島武仁氏の連載を本日からスタートします。 --- 2020年9月、東京大学にマーケットデザインセンター(UTMD)が設立された。所長に就任したのが、気鋭の経済学者・小島武仁氏だ。 人と人、人とモノ・サービスの最適な組み合わせを実現する方法・制度設計を研究し、社会実装につなげる「マーケットデザイン」は、近年の経済学で注目されている分野。2020年のノーベル経済学賞が、マーケットデザインの一領域の研究者に授与されたことは記憶に新しい。 小島氏は東京大学経済学部を総代で卒業後、米ハーバード大学院、スタンフォード大学でノーベル経済学賞受賞者らに教えを受け、共に研究活動を行ってきた。自身も国際的に高く評価され、スタンフォードでテニュア(終身雇用資格)を得ながらも、母校の東大に拠点を移し、日本での研究活動、人材育成、社会課題への取り組みに意欲を燃やす。 小島氏の研究者としての歩みを追いながら、師の教えや自身の哲学を聞いた。(全7回) ■第1回 天才経済学者、マーケットデザインで社会を変える ■第2回 数学の挫折から経済学へ転向、ゲーム理論と出合う ■第3回 「小さくまとまるな」恩師の助言でハーバード留学 ■第4回 アルビン・ロス教授とマッチング理論とコーヒーアワー ■第5回 アイデアを生み出す3つの秘訣 ■第6回 ノーベル経済学賞への野望 ■第7回 スタンフォードから東大に夫婦で移籍できた事情
835Picks
NORMAL