Picks
256フォロー
5729フォロワー
【読書】「幸運」を引き寄せる人とそうでない人の差
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1095Picks
【魔境】私、メタバースに住んでみました
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1411Picks
【保存版】マンガで学べる世界史。90作品一挙紹介
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1876Picks
【分析】BTS事務所の「プラットフォーム戦略」が面白い
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1097Picks
【秘話】BTSは、なぜアメリカで成功できたのか?
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2318Picks
【銀のさら 社長】収益が悪化した店舗を立て直す自信がある
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載第7回(最終回)です。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
120Picks
【鉄則】伝わる資料は、「余白」で決まる
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5629Picks
【銀のさら 社長】社員の自発性を引き出す「怒らない経営」
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載第6回です。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。 2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。 かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
264Picks
【入門】非デザイナーのための「デザインのルール」
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
10049Picks
【銀のさら 社長】感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載第5回です。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。 2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。 かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
128Picks
【銀のさら 社長】チラシはデリバリーの生命線だ
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載第4回です。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。 2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。 かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
92Picks
【銀のさら 社長】宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載第3回です。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。 2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。 かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
130Picks
【銀のさら 社長】学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載第2回です。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。 2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。 かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
176Picks
【銀のさら 社長】なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
業績絶好調、宅配寿司「銀のさら」創業者・江見朗氏の連載をスタートします。 ■第1回 なぜ我が社の宅配寿司だけ生き残れたのか ■第2回 学歴社会から逃げて米国で寿司職人になった ■第3回 宅配は論理的に考えて努力すれば結果が出る ■第4回 チラシはデリバリーの生命線だ ■第5回 感謝の気持ちに気づいたら事業が好転した ■第6回 社員の自発性を引き出す「怒らない経営」 ■第7回 収益が悪化した店舗を立て直す自信がある --- 新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出の自粛や飲食店の休業などを受けて、フードデリバリー需要が増加。その中、順調に売り上げを伸ばすのが、宅配寿司「銀のさら」を手掛けるライドオンエクスプレスホールディングスだ。 2021年3月期の売上高は253億円(前期比20.7%増)、経常利益は24.3億円(同84.9%増)を達成。過去最高益を更新した。宅配寿司における「銀のさら」のシェアは50%を超え、圧倒的ナンバーワンだ(※富士経済「外食産業マーケティング便覧2020」より)。 かつて宅配寿司チェーンは、宅配ピザチェーンよりも多く存在したというが、なぜ「銀のさら」だけが生き残り、急成長を遂げたのか。創業者で社長の江見朗氏の半生を振り返りつつ、その秘密を「商品づくり」「販促」「ビジネスモデル」「怒らない経営」といった視点から探っていこう。(全7回)
318Picks
【ドムドム 社長】次の50年、共存共栄の心が企業の発展を生む
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載第7回(最終回)です。 --- ■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活 ■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える ■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増 ■第4回 新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣 ■第5回 「手作り厚焼きたまごバーガー」SNSで話題に ■第6回 上司に直談判、入社9カ月で社長に就任 ■第7回 次の50年、共存共栄の心が企業の発展を生む --- 今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。 老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。 近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)
127Picks
【ドムドム 社長】上司に直談判、入社9カ月で社長に就任
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載第6回です。 --- ■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活 ■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える ■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増 ■第4回 新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣 ■第5回 「手作り厚焼きたまごバーガー」SNSで話題に ■第6回 上司に直談判、入社9カ月で社長に就任 ■第7回 次の50年、共存共栄の心が企業の発展を生む --- 今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。 老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。 近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)
146Picks
【ドムドム 社長】「手作り厚焼きたまごバーガー」SNSで話題に
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載第5回です。 --- ■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活 ■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える ■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増 ■第4回 新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣 ■第5回 「手作り厚焼きたまごバーガー」SNSで話題に ■第6回 上司に直談判、入社9カ月で社長に就任 ■第7回 次の50年、共存共栄の心が企業の発展を生む --- 今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。 老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。 近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)
89Picks
【ドムドム 社長】新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣
NewsPicks編集部
上田 真緒PIVOT エグゼクティブ・エディター
「ドムドムハンバーガー」社長・藤﨑忍氏の連載第4回です。 --- ■第1回 主婦から転身、日本最古のハンバーガーを復活 ■第2回 21歳で結婚。政治家の夫を内助の功で支える ■第3回 39歳で就職。渋谷109の店長になり、売り上げ倍増 ■第4回 新橋で居酒屋2軒を起業、繁盛店になる秘訣 ■第5回 SNSで話題「手作り厚焼きたまごバーガー」 ■第6回 上司に直談判、入社9カ月で社長に就任 ■第7回 共存共栄の心が企業の発展を生む --- 今、日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が注目を浴びている。ソフトシェルクラブを一匹丸ごと豪快に挟んだ「丸ごと‼カニバーガー」などの斬新な商品でネット上を沸かせ、人気ファッションブランドとのコラボで若者の心をつかむ。 老舗でありながら数年前まで衰退の一途をたどり、2017年にはレンブラントホールディングスに経営権を譲渡。現在、ドムドムの指揮を執るのは、39歳まで就職経験のない主婦だった異色の経歴を持つ藤﨑忍社長だ。社長就任から2年半、2021年3月決算で事業譲渡後、初めて黒字を果たした。 近年、アメリカ発の高級グルメバーガーの上陸を機に、「低価格で手軽」というハンバーガー業界の概念が変わりつつある。その中で、復活の兆しを見せるドムドムハンバーガーの戦略とはどのようなものか。藤﨑氏が、波乱万丈な半生を振り返りながら明かす。(全7回)
145Picks
NORMAL