Picks
301フォロー
4534フォロワー
ランドセルもSDGs「もったいない精神」が世界へ<WBS>
テレビ東京・BSテレ東の読んで見て感じるメディア テレ東プラス
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
プラスチック資源を循環させるPOOL事業を、東京都全域に拡大
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
約50%をリサイクル素材などに切り替え、ファーストリテイリングが2030年度目標を発表
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
明文化はされていませんが、現時点のリサイクル技術や実現可能性を考えれば、使用する再生材はペットボトルからリサイクルされたものが中心となるでしょう。 ペットボトルリサイクル繊維は既に多くの産業で使われ始めているほか、飲料メーカーや小売業者が再度飲料ボトルにリサイクルをするために回収の囲い込みが始まっており、ファーストリテイリングほどの大きな会社で全使用素材の50%を実現するとなると、どこかで価格高騰や調達困難が起こるかもしれません。 既に一部のファストリ商品に使用されている通り、「リサイクル素材「など」」には、バイオマス繊維も入ってくるかもしれませんが、これまでにも繊維メーカーとのタイアップを多く実施している会社ですので、既存技術にとらわれない未活用資源(使用済み製品)利用のための新しい技術の取り入れにも期待したいです。 https://www.fastretailing.com/jp/sustainability/news/2112021500.html なお、例えリサイクル素材にしたとしても、マイクロファイバー・マイクロプラスチックの発生など、プラスチック繊維特有の環境への悪影響は残ります。プラスチック問題というよりも、資源の有効利用と気候変動対策であることは認識しておきたいところです。
107Picks
NORMAL