Picks
258フォロー
3732フォロワー
航空機をリサイクル、日本初のビジネスが離陸
東洋経済オンライン
気鋭ブランド「CFCL」が見た「国際標準のサステナビリティのリアル」
WWD JAPAN.com
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
B corp認証を取得している企業は、必ずしもファッションブランドだけではありません。日本が取得した5企業も業界は様々です。世界3500社以上の企業や団体が取得しており、日本はアジアの中でも台湾、韓国、中国、シンガポールなどに後れを取っている形です。どうしても日本企業は日本語での監査が不可能な認証にあまり積極的ではない傾向がありますが、B corp認証はガバナンス、従業員、コミュニティ、環境のテーマへの取り組み度合いが見られ、ESG投資やSDGsと切っても切り離せないものですので、今後は取得を目指す事業者も増えてくると思われます。 まだ浸透していない認証だからこそ、苦労して取得している事業者を応援するとよいと思います。アルファベットのBが丸で囲まれている認証マークが特徴で、パッケージの裏などに記載があります。 質問の傾向として、継続的に向上していこうとする努力をしているかどうかも含めて評価しているところがポイントです。「環境」分野は主にエネルギー、水、廃棄物の効率化・削減状況を見るような形ですが、社会的な要請によって求められる水準が年々高くなるため、事業者としては更新審査毎のレベルアップが求められてくるでしょう。「ガバナンス」や「従業員」は、その職場が自由で働きやすいかどうかがかなり表されるような質問項目となっているので、就職活動の参考になると思います。
79Picks
NORMAL