Picks
208フォロー
6766フォロワー
「起業は意識が高い人の話」「失敗すると借金地獄で家族離散」… 18年サラリーマンを勤めた41歳男性が明かす“起業”の意外なリアル
文春オンライン
マツキ トシノリ電気通信大学 特任准教授(キャリア教育・教育工学)
とりあえず34歳のときに起業した者ですが(2人目の社員、その後取締役です)、若者ではないが故にそれまでの経験や人とのつながりに助けられながら、流れに乗れた面はあると思います。半年余りお給料なしでも、耐えられたのは、その前に所属していた会社の退職金があったからですのでサラリーマン万歳。その会社もVCから出資はされていなかったわけではないけど、代表とその著名投資家の人とのつながりで資本が入ったわけで、VCから調達したぜ、という感じでもないです。いわゆるスタートアップでEXIT目指す、というより自分らのやりたいことを働きやすい働き方でQOLあげましょう、という風情。まあ楽しい日々でしたよ。食えていたので。 それでも、市況の悪化でうまくいかなくなる時期もあったり、自分自身の方向性の変化もあって、離れましたが、結局フリーランスを経て、サラリーマンにもどりました。サラリーマン万歳。 ちなみに、事業で借金を抱えるって、お金借りられるってことだからすごいことなのですよ。そこらへん、勘違いしない方がいい。事業がうまくいっていなければお金も借りられませんので。
47Picks
NORMAL