Picks
208フォロー
6766フォロワー
「起業は意識が高い人の話」「失敗すると借金地獄で家族離散」… 18年サラリーマンを勤めた41歳男性が明かす“起業”の意外なリアル
文春オンライン
マツキ トシノリ電気通信大学 特任准教授(キャリア教育・教育工学)
とりあえず34歳のときに起業した者ですが(2人目の社員、その後取締役です)、若者ではないが故にそれまでの経験や人とのつながりに助けられながら、流れに乗れた面はあると思います。半年余りお給料なしでも、耐えられたのは、その前に所属していた会社の退職金があったからですのでサラリーマン万歳。その会社もVCから出資はされていなかったわけではないけど、代表とその著名投資家の人とのつながりで資本が入ったわけで、VCから調達したぜ、という感じでもないです。いわゆるスタートアップでEXIT目指す、というより自分らのやりたいことを働きやすい働き方でQOLあげましょう、という風情。まあ楽しい日々でしたよ。食えていたので。 それでも、市況の悪化でうまくいかなくなる時期もあったり、自分自身の方向性の変化もあって、離れましたが、結局フリーランスを経て、サラリーマンにもどりました。サラリーマン万歳。 ちなみに、事業で借金を抱えるって、お金借りられるってことだからすごいことなのですよ。そこらへん、勘違いしない方がいい。事業がうまくいっていなければお金も借りられませんので。
47Picks
「給料が低すぎる」と嘆く人が転職や副業を考える前にまずやるべき"簡単なこと"
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
マツキ トシノリ電気通信大学 特任准教授(キャリア教育・教育工学)
記事冒頭の相談のやりとりは、キャリアコンサルタントの資格試験のロールプレイングでやったら絶対落ちるやつ。 こちらの正しさで相手を論破しても何もいいことはない。 世の中、自分の会社の評価制度や給与制度に心を配っている人は少ない。現実、評価についてはなんだかんだ言って人に依存されてることが多い。絶対評価と言っても周りとの比較はされてしまうし、印象で見えるものは異なる。評価も上司ガチャかもしれないけど。 実は評価上げるためには、上司の腰巾着になるのが一番、ともなりかねないので、それがいいことなのか、という疑問はある。 お金をもっと得たい、の具体的な行動が生活残業だったり、副業になってるわけで、そこまでの行動力がない、残業代も出ないってことで不満を垂れ流すことはあること思う。 転職して給料上げることは簡単なのかというと、なかなか難しい。同業なら成果上げてないと転職する難しいだろうし、給与水準高い会社なら尚更。別業界の少し上のポジション狙うにしても、今の仕事で成果出してないと。成果、定量的に出してるのかが問題。定量的に示せるなら、今の会社でも交渉の余地はあるんだよなあ。
576Picks
NORMAL