Picks
22フォロー
60フォロワー
Google、ネット広告の制限強化 個人の閲覧追跡させず
日本経済新聞
堀江 卓矢公益社団法人 京都市観光協会 Chief Marketing Officer (CMO)
以前から分かってはいたことですが、いよいよCookie規制が始まりますね。広告配信に左右されない、自社コンテンツのファンのコミュニティを作ることの重要性が高まることになります。 もう一つこのニュースを見て思うのは、いずれ、広告主はGoogleを通せば何も考えなくても情報を届けたい人に届けられるようになる世界がやってくるんだろうなということです。そしてCookieが使えなくなると、このGoogleの技術に追随することが難しくなるんじゃないかと思います。ほとんどの広告事業者はGoogleに駆逐される時代が来ると思ってましたが、今回の発表でそれがいよいよ現実味を帯びてきました。 いずれ、人間が価値を生み出せる領域は、メディアではなくコンテンツになっていきます。どうやって届けるかを考える必要はどんどん無くなり、その代わりに面白い体験を作ることの重要性が高まっていきます。 ちなみに、僕の肩書はマーケターということになっていますが、今の仕事を始めたときから、プロモーション(広い意味でのマーケティングに含まれる活動)の効率化業務(いわゆるメディアの仕事)はICTの発達で減っていくと思っていました。DMOのマーケターって、普通は広告配信の設計とかがミッションだと思うのですが、僕は肩書の割にはそういう仕事に力を入れず、どちらかというとリサーチ(統計分析や顧客理解)に注力してきました。(京都の観光はもともと情報の流通が出来上がっているということや、出自がリサーチャーだからということなど、色々と他にも理由はあるのですが) 顧客が何を面白いと感じているかを把握し、それに応える体験の開発手法を確立することを目指していきたいです。そのためには、自分自身が日々の生活を楽しんで過ごせているかがどうかが大事だと思います。
1403Picks
京都市観光協会データ月報(2020年8月)
京都市観光協会(DMO KYOTO)
堀江 卓矢公益社団法人 京都市観光協会 Chief Marketing Officer (CMO)
日本人客はわずかに減少幅の改善が進みましたが、依然として前年同月の半分程度と、厳しい状況が続いています。客室稼働率も22.8%とやや上昇したものの、例年の稼働率は80%前後であることから、まだまだ空きがある状況です。 スマートフォンの位置情報ビッグデータ(KDDI社)によると、9月の連休期間(シルバーウィーク)には、市内の一部の観光地で前年同期を上回る賑わいとなりました。GoToトラベルキャンペーンの影響で、週末を中心に日本人の旅行需要が高まっています。一方で、これまで平日の需要を埋めてきた外国人観光客が不在の状態は続くため、1週間のなかでの繁閑差を埋めることが課題となります。 STR社のデータによると、京都の宿泊施設の客室販売価格は、他都市と比べて前年からの下げ幅が少なく、価格帯を維持しながら経営を続けています。Booking.com社に掲載されている価格によると、11月後半の連休期間の客室販売価格の水準は、9月の連休期間を上回る出足となっています。今後、この好況があらゆる業態・職種にまでいきわたるようになるためにも、こうした傾向が安定して続くことを期待したいと思います。
1Pick
NORMAL